サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール、圧巻アタックでポールも「勝つためには、タイヤの問題を解決しないと……」

ここから本文です

ルクレール、圧巻アタックでポールも「勝つためには、タイヤの問題を解決しないと……」

ルクレール、圧巻アタックでポールも「勝つためには、タイヤの問題を解決しないと……」

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1スペインGP予選Q3最初のアタックでスピンを喫したものの、最後のアタックで見事に挽回。ライバルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を上回り、ポールポジションを獲得した。

 ルクレールは今回のポールポジションを喜ぶ一方で、ここ数戦ではタイヤのデグラデーションがネックとなって、勝利を落としていることも忘れていない。

■フェルスタッペン、

 今回のスペインGPは週末を通じて天気が良く、決勝レースも気温が高くなると予想されている。路面温度も上がり、タイヤがダメージを受ける可能性が高いため、ルクレールはフェラーリがこれまでよりも状況をうまくコントロールする必要があると認識している。

「僕はレースのスタートでは強力なポジションにいるけど、ここ数戦はレッドブルと比べて、タイヤに苦しんでいる」

「マックスはすぐ後ろにいるから、タイヤをうまく管理できなければそのポジションを失うことになる。だから僕たちはその問題を克服して、明日はタイヤマネジメントで良い仕事をしないとね」

 一方で、フェルスタッペンはルクレールが再びタイヤで苦戦するとはあまり考えていないようだ。

「ここ数戦、僕たちはタイヤの面でかなり良かった。もちろん、明日はとても暑くなるだろうし、このコースは追い抜くのがかなり難しい。でも、どうなるか見てみよう」

「もちろん、僕たちのクルマの方がタイヤに優しければいいんだけど……今その判断は難しい」

 タイムが出せていない状況で最後のアタックに臨み、素晴らしいパフォーマンスを見せたルクレールは、今回導入されたアップデートを含め、フェラーリの仕事を称賛した。

「とても、とても難しいセッションだった」とルクレールは振り返った。

「特にQ3では、1本目でミスをしてしまったからね。その後は言うまでもなく、1周しかできなかったけど、とてもうまくいった」

「僕のラップでは、ちょっとした(危ない)瞬間があったんだ。でも最終的には上手くいったので、ポールポジションはとても嬉しい。良いラップだったし、クルマも素晴らしかったから、とてもハッピーだよ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します