サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クアルタラロ、失速の原因は腕上がり「突然、右腕の感覚がなくなった」/MotoGP第4戦スペインGP

ここから本文です
 5月2日、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで2021年MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスの決勝が行われ、ポールスタートのファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)はトップから18秒907遅れの13位でフィニッシュした。レース中盤から急にペースが落ちた原因はコンパートメント症候群(腕上がり/アームパンプ)だったという。

 今季好調のクアルタラロは初日、2日目のフリー走行1~4回目までトップ5以内のタイムを記録した。予選はQ2にダイレクトで進出し、2度のアタックの最終周に1分36秒755をマークしてポールポジションを獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン