サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】“警告灯”の点灯でフロントロウを逃した……クアルタラロ、トラブルに泣く

ここから本文です

 ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロは、第12戦イギリスGPのフリー走行をFP1~FP3まで全てトップタイムを記録し、レコードタイムも更新するなど好調を維持していた。

 しかし、クアルタラロは予選ではフリー走行で記録した自己ベストを更新することができずに終わった。最終的にマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)にポールポジション獲得を許してしまい、自身は4番グリッドから決勝に挑むこととなった。

■戦線復帰のロレンソ、クラッシュの“恐怖”と負傷の痛みで本領発揮はまだ先か

 予選Q2における最初のアタックで、クアルタラロは警告灯が点灯していることに気がついたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ