サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 冬だからこそ乗りたい!オープンカー5選

ここから本文です

冬だからこそ乗りたい!オープンカー5選

(1)マツダロードスター

マツダロードスターは、オープンカーのなかでも軽量に設計されたモデルで、軽快なハンドリングが自慢です。
2016年には「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をW受賞したことでも注目され、ロードスターでオープンカーが身近に感じられるようになったという方も多いのではないでしょうか?
価格が上昇しがちなオープンカーのなかでも、もっともベーシックなモデルの価格は2,494,800円。そういった手ごろ感も魅力です。

今さら聞けない!ロードスターとスパイダー、コンバーチブルとカブリオレの違いって?


(2)ホンダS660

数少ない国内勢オープンカーをもう1台。軽自動車枠のホンダS660は、維持費の安さからセカンドカーにもおすすめな1台です。
価格は1,980,000円~とロードスターよりも安価、かつエンジンをミドに配置するなど凝ったメカニズムは、軽自動車という枠に縛られないポテンシャルと魅力を持っています。

(3)MINIコンバーチブル

MINI3ドアをベースにしたオープンモデル。オープンカーといえば、基本的に2シーターモデルですが、MINIコンバーチブルは便利な4人乗り。
後部座席は倒して荷室として使うこともできるので、オープンカーの欠点である積載性はさほど気になりません。
利便性を兼ね備えながらもMINIが持つゴーカートフィールを十二分に味わうことができます。

(4)レンジローバーイヴォークコンバーチブル

人気のクロスオーバーSUVのルーフと取り払ったイヴォークコンバーチブルは、ランドローバーから販売されているモデルです。
SUVながらオープンカーという一風変わったイヴォークコンバーチブルであれば、雪道でのオープンエアも快適。オフロードをオープンにして走るというのはなかなか体験できるものではありません。
2ドアなので後部座席の乗降性は良くはありませんが、居住性は十分でメインカーとしての素質もあるといえます。

(5)ポルシェ718ボクスター

ポルシェのボクサーエンジンを積むロードスターモデル。
価格は694万円で、ポルシェブランドのなかでは718ケイマンについで、2番目に安価な設定です。ソフトトップは電動なので、いつでも気軽に開閉が可能です。
718ボクスターは、2.0Lターボエンジンを搭載。これまでのNA水平対向6気筒とは異なるフィーリングですが、ターボ化により出力、トルク、燃費すべてが向上し、より経済的でよりパワフルなモデルへと進化しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します