サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【国内試乗】「8シリーズ・グランクーペ」俄然活況を呈する高級4ドアクーペ市場に満を持して参入!

ここから本文です

【国内試乗】「8シリーズ・グランクーペ」俄然活況を呈する高級4ドアクーペ市場に満を持して参入!

日本のBMWが入る東京・八重洲のビル地下駐車場でひと目見た瞬間、「いったい8シリーズの本命はどのモデルなんだ!?」とやや戸惑いを覚えた。基本となる2ドアクーペのスポーティでエレガントなフォルムは惚れ惚れするほどだが、この8シリーズ・グランクーペときたら、それに加えてフォーマルな香りすら醸し出す。BMWのトップモデルとして、7シリーズと双璧を成す存在といえる。

全長は5mオーバーの堂々たる体躯

BMWの軌跡と現在が体感できるイベント、「#NEXT JOY」が開催!

以前は“6”のグランクーペと呼ばれていたこのモデルも、クーペが“8”に格上げされたのを機に“8”のグランクーペとして生まれ変わった。
6のグランクーペを初めて見たとき、素直に綺麗で格好いいと思った。当時のBMWのラインアップの中では1番好きだった。でも都内で乗り回すにはやっぱりボディサイズが気になって、「もう少し小さければいいのに」と無い物ねだりをしていたら、しばらくして4シリーズにもグランクーペが追加されると聞いて小躍りしたものの、実物を見たら6のような感動がなくピンとこなかった。

デザインに関して自分はセンスも知識も希薄だと思っているのであくまでも個人的な意見なのだけれど、6のグランクーペに見た伸びやかで流麗なスタイリングは、あれくらいの全長と全幅だったからこそ成立していたのであり、それを小さくデフォルメしてしまうと雰囲気がずいぶん変わってしまうんだなと感じた。
参考までに8シリーズの2ドアクーペとスペックを比較してみると、ボディはグランクーペのほうが230mm長く30mm幅広く60mm背が高い。車両重量は、クーペが前軸重1080kg:後軸重910kg、グランクーペが同1140kg:990kg(数値はすべて車検証値)。全長が5mを超えて車重も2トンを上回るグランクーペは、ビッグサイズのヘビー級とも言える。

それでも8のグランクーペは6と同様にバランス良く見目麗しいエクステリアで着飾っている。BMWらしいスポーティな骨格に官能的にも映るエッセンスを巧みにまぶしたデザイナーの力量は高い。試乗車はフローズン・ブルー・ストーンというボディカラーだったが、こういうマットな色も映える。
日本仕様の8シリーズ・グランクーペは計5種類が用意され、廉価モデルの840iグランクーペは8シリーズで初めてFRの駆動形式を採用した直列6気筒エンジン搭載モデルである。直列6気筒のディーゼルターボを積んだ840dも選べるが、今回の試乗車は最上位グレードのM850ixDriveである。

車両本体価格が1715万円もするし“M”が頭に付く仕様なので、通常ならオプションとなる装備のほとんどが標準で、試乗車のオプションもボディカラーやインテリアトリムやオーディオなどだけだった。操縦性にかかわる装備のMスポーツ・ディファレンシャル(=Eデフ)、アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル、インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング(後輪操舵)などを備えた個体である。

巧みなシャシー制御で余裕綽々の身のこなし

運転席周りは見慣れた最近のBMWのそれなので新しい発見はなく、むしろ後席の居住性のほうが気になって座ってみた。クーペより205mmも延長したホイールベースのおかげで、足元はゆったりしているし左右方向にも余裕がある。肝心のヘッドルームは、身長173cmの自分の頭上に拳1個は無理、両手を重ねたくらいのスペースしか残っていなかった。それでも必要以上にバックレストは寝かされておらず、ほぼ正しい着座姿勢がとれるので窮屈な印象はない。後席足元の中央にセンターコンソールが鎮座していてふたり掛けかと思ったが、3人分のシートベルトが用意されていてちょっと驚いた。後席中央に座る場合は両足を大きく開く必要があるだろう。実質的には大人ふたり掛けである。

エンジンやサスペンションは基本的にM850i xDriveクーペと同じ。ホイールベースが長くなっているので、当然ながら後輪へ駆動力を伝えるプロペラシャフトも長くなっているはずである。
530ps/750Nmを発生する4.4LのV8は、レスポンスやパワーデリバリーが変幻自在のユニットである。ドライブモードで「コンフォート」を選べば、スロットルペダルの踏み込み量に対して極めて従順に反応し欲しいだけのパワーを正確に得ることができる。これを「スポーツ」にすると、今度は右足のほんのわずかな動きも見逃さず瞬時にエンジンが反応して、まるでドライバーの意志を先読みしているかのような間髪入れないタイミングで猛烈な加速を開始する。エンジンの回転フィールは清々しいくらいスムーズで、6000rpmのレブリミットまで一気にきれいに吹け上がる。

ステアリング操作に対するクルマの挙動を司るのは、主に前述のMスポーツ・ディファレンシャル、アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル、インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング、そしてxDriveである。“プロフェッショナル”の名が付け加えられたアダプティブMサスペンションには、電子制御式アクティブ・スタビライザーも含まれており、これがロール方向のばね上の動きをコントロールして、ピッチングからヨーが発生して向きを変えるまでの過渡領域で無駄な動きを抑え込む。加えて後輪に舵角が付きEデフがベクタリングの役目を果たすから、クーペよりもホイールベースが長くなったとは思えないほどの回頭性のよさを見せた。挙動は終始安定しているし、スロットルペダルを踏み増せば、前後の駆動力配分が随時最適化されて、しっかりと4輪にトラクションをかけながらエンジンパワーを余すことなく路面に伝える。
個人的には、クーペよりも4ドアのグランクーペのほうが全体的なバランスがよく好印象だった。こうなると、むしろ電子デバイスが省かれた後輪駆動の840iのほうにも興味が涌いてきた。

【Specification】BMW M850i xDrive グランクーペ
■車両本体価格(税込)=17,150,000円
■全長×全幅×全高=5085×1930×1405mm
■ホイールベース=3025mm
■車両重量=2090kg
■エンジン種類=V8DOHC48V+ターボ
■内径×外径=94.6×82.0mm
■総排気量=4394cc
■圧縮比=11.0
■最高出力=530ps(390kW)/ 5500rpm
■最大トルク=750Nm(76.5kg-m)/1800-4600rpm
■燃料タンク容量=68L(プレミアム)
■燃費(JC08 / WLTC)=9.0/8.1km/L
■トランスミッション形式=8速AT
■サスペンション形式=前Wウィッシュボーン/コイル、後5リンク/コイル
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=前245/35R20(8J)、後275/30R20(9J)
お問い合わせ
BMW 0120-269-437

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します