サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【O・Zの華麗なる変遷01】イノチェンティ ミニクーパー用の8穴アルミホイールから始まった「O・Z」ホイール

ここから本文です
F1、WRC、インディカーシリーズなど世界トップクラスのレースカテゴリーに参戦する車両にホイールを提供しているホイールメーカー「O・Z」。今でこそ世界のモータースポーツで活躍するグローバル企業として有名だが、その歴史の始まりは1971年までさかのぼる。イタリアで誕生した小さなホイールメーカーが巨大企業へと成長する歴史を紹介する。

「O・Z」が初めて作ったアルミホイールは、ミニクーパー用だった!
1971年1月4日、北イタリアのヴェネト州ヴィンチェンツァにある片田舎の村、ロッサーノヴェネトに小さなホイールメーカー「O・Z」が誕生した。

おすすめのニュース

サイトトップへ