現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BEVの時代にスバルのスポーツ性をデザイン表現する…ジャパンモビリティショー2023

ここから本文です

BEVの時代にスバルのスポーツ性をデザイン表現する…ジャパンモビリティショー2023

掲載 1
BEVの時代にスバルのスポーツ性をデザイン表現する…ジャパンモビリティショー2023

SUBARUはジャパンモビリティショー2023に、BEVの時代になってもスバルらしい運転する楽しさを表現した『スポーツモビリティコンセプト』を出展。このモデルを手掛けたデザイナーにその思いについて話を聞いた。

◆制約のないことの楽しさと難しさ
----:初めに伺いたいのは、スバルスポーツモビリティコンプセントのデザインコンセプトです。

スバルの2ドアクーペBEV『スポーツモビリティ コンセプト』が意味するものは…ジャパンモビリティショー2023

SUBARU商品企画本部デザイン部担当部長の戸叶大輔さん(以下敬称略):このモデルはBEVなのですが、そのBEVの時代でもスバルはスポーツ性があり、運転する楽しさや自分の意思で、自分でコントロールできるというところはしっかりと楽しみとして残していきたいと考えています。それをピュアにデザインで表現するとどういうことができるのかと、かなりフリーな企画として開発しました。

通常ですとレイアウトがどうだとか、コンポーネントはこれだからこういう形になるというところがベースであって、そこから形を作っていくのですが、今回はそういうものは全くない状態で、ピュアにスポーツをどうやって表現するかに取り組みました。

----:とても楽しそうですね。

戸叶:そうですね。楽しくもあり、難しくもありました。通常ですと例えば『WRX』や『BRZ』の将来形はこうだということでデザインしていきますから、大体予測はしやすいんです。ただ今回の場合はスポーツということだけを表現しようということですので、では4ドアのセダンにしたらやっぱりWRXに見えちゃうねとか、このモデルは2ドアですけどもBRZに見えないようにするにはどうしようとか、そういったところは少し難しかった部分ではありました。

----:なぜ2ドアにしたのですか。

戸叶:実は2ドア、4ドアというところにすごくこだわったかというと、そこではなくて、ドライバーが中心となってドライブを楽しむことにフォーカスしたんです。そうするとドライバーを真ん中(ホイールベースの中心)に置きたいんですね。そうするとリアドアがあるとどうしてもドライバーは前に出てしまうので、ピュアに今回の目的を表現するためには必然的に2ドアになったというところが正解です。

◆ドライバーを中心にした立体構成
----:全体のデザインを見ると直線基調ですね。このプロポーションはどのようにして生まれたのでしょう。

戸叶:人が普通に立った位置で見ると、ショルダーも真っ直ぐで直線的に見えるんですけど、ちょっと上から見降ろすと、ドライバーを中心にして4輪に向かう立体が構築されています。

----:それはドア周りが少しえぐれているイメージですか。

戸叶:そうですね。ただそれは結果としてそうなっているんです。上から見た時の動きを中心に考えた時に、横から見た時にも同じように動きをつけてしまうと、クルマとして軸が通っていなくて非常にうるさく見えてしまうことがあるんです。そこでどちらかというとサイドビューはすっきりとクリーンな造形でやりたいのでこういう形にしました。

----:フェンダー周りはすごく特徴的ですね。

戸叶:スバルはこれまでもタイヤを強調するためにフェンダーの表現にはこだわりを持ってやってきています。今回もこのモデルはスポーツといいつつ、サーキットを走るだけではなくて、どんなシーンでも楽しく走ることができることを表現したかったので、プロテクトしていくというイメージと、それからエアロダイナミクスにも気を配りました。空気の流れを意識させるように、このフェンダー周り、あるいはホイール周りで両立させた表現です。いまこういう表現を模索しているところです。

◆スバルの一番根底にあるもの
----:もともとジャパンモビリティショーのプロトタイプをデザインすることが決まった時、戸叶さんはどういうクルマをデザインしたいと思われましたか。

戸叶:まず方向性について社内でもかなり議論がありました。最終的にはスポーツということでやろうという話になりましたけれども、では、スバルがいままでやってきたスポーツというのは一体何か。どういうことをお客様に受け入れてもらい、共感していただいていたのかをしっかりと抽出することが必要でした。そうすると、どんな天候でも、どんな時でも、どんな道でも楽しく走れるというところがスバルの一番根底にあるところだとわかったのです。なので、それをピュアに表現していくのが、今回一番相応しいコンセプトカーのあり方ではないかと思って、このスポーツモビリティコンセプトを提案しています。

----:想定としてのパワートレインはどういうものなんですか。

戸叶:パワートレインはBEVという以外はまだ全くノーアイデアです。我々がデザインする上では、特にそこに全く設定をせずにやりましたので、皆さんの想像をかきたてる部分でもあるかなと思います。

いままでのスバルの場合、パワートレインが重視されていましたよね。水平対向エンジンがあって、シンメトリカルAWDがあるとか。そういった機構からくる独自性が受け入れられていたと思います。ただBEVの時代になるとそこはなかなか難しくなってきます。そうすると、そうではないところのスバルの独自性をどう表現していくか、まさにデザインでそういったところが表現できないといけませんし、そこからワクワクしてこれに乗ってみたいと思ってもらえる。そこが一番大事なところなんじゃないかなと考えています。

----: BEVになったときに、スバルらしさをデザインとしてもどう表現していくかは難しそうです。

戸叶:そうですね。でもいろいろなところにポイントとなるところはあると思っています。人を中心としたクルマ作りというのもスバル『360』から脈々とやってきたことですし、どんな時にもどんなところでも安心して走れるみたいなところもそうです。こういったいままでお客様が何に共感してくれていたのかをしっかりと我々が改めて紐解いて学んで、それに対してBEVというコンポーネントを使ったら何ができるのかという新しい解釈、ソリューションを今後考えていく。そこに注力するのかなと思っています。

◆WRブルーも採用
----:因みにカラーも特徴的ですけどもその辺をご説明いただけますか。

戸叶:サンドシルバーという半艶の塗料を使っているんですけれども、狙いとしては軽さと固さを表現したかったんです。アルミのように明るくてマットな質感のものは軽く感じると思うんですね。ただやりすぎるとちょっと軽すぎるというところもあって、明度は結構色々調整しました。

青のところですが実はWRブルー、量産車にも使っている色なんです。これは、スポーツということを表現するときに、これまで我々が培ってきたものの何かを引き継ぎたいと思いまして、WRブルーという特徴的な色にその思いを持たせたのです。この青いところは、風の流れをイメージして、風が抜けるところにポイントカラーを使うというテーマでやっています。

----:カーボンも使われていますね。

戸叶:これはチップドカーボン、あるいはチョップドカーボンと呼ばれているもので、我々のスーパー耐久のレースカーでもフードなどに使っているもので、要は破材(端材)ですね。リサイクルドマテリアルといって我々ですと航空でカーボンの破材が出るのですが。それを使うことで無駄が出ないようにしています。環境負荷も低くて従来と同じような強度が出せる、軽さも出せる。そういった素材を強調して表現します。

----:そのほかにスポーツモビリティコンセプトのデザインのこだわりを教えてください。

戸叶:初めにお話をした人を中心にしたというところです。立体構成を上から見ていただくとしっかりと四輪に向かっていく軸が見えます。それから前後のオーバーハングを短くしているのも、例えば未舗装路ではどうしても前が引っかかってしまったりしますので、アプローチアングル、デパーチャーアングルが大事になってきます。そういったところをプロポーションとしても表現していきたいということです。

----:Aピラーの付け根からフロントホイールの真ん中までの距離がかなり取られていますね。まるでFRプロポーションのようです。

高木啓:今回Aピラーを(室内側に)引いたというのも、人を中心にして視界を考えたからです。Aピラーはどうしても前に出ていると死角を作ってしまうのです。ですのでできるだけ引くというところがポイントになりました。

関連タグ

こんな記事も読まれています

日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
WEB CARTOP
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日刊自動車新聞
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
AUTOSPORT web
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
motorsport.com 日本版
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0381.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0513.0万円

中古車を検索
BRZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

330.0381.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0513.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村