サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > リーフが危ない!? テスラ156万円値下げの真実と今後の見通しは?

ここから本文です

 2020年2月17日、テスラモーターズジャパンが大幅な値下げを行った。モデル3のスタンダードレンジプラスは、以前は511万円であったが、82万円値下げされて429万円になった。

 同様にリチウムイオン電池の容量に余裕を持たせたモデル3のロングレンジは、655万2000円から、156万2000円値下げされて499万円になっている。ちなみに717万3000円のパフォーマンスについては価格の変更はなし。

手の届きやすいEVは中国のだけにあらず! タジマモーターが開発する超小型EVに注目!!

 電気自動車の購入に際して交付される経済産業省の補助金は、2020年度の実績で40万円が上限だ(給電機能が装着された車両は42万円)。

おすすめのニュース

サイトトップへ