サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1タイヤトラブル問題:FIAとピレリはチームの抜け穴利用を懸念か。再発防止策として内圧監視を厳格化

ここから本文です
 F1タイヤサプライヤーのピレリは、第6戦アゼルバイジャンGPで発生したふたつのタイヤトラブルについて調査報告を行う上で、タイヤに構造上または製造上の欠陥はなかったと断言する一方で、アストンマーティンとレッドブルを非難することも避けた。

 FIAはピレリの報告書を読み、なぜランス・ストロールとマックス・フェルスタッペンのタイヤが壊れたのか、問題再発を防ぐためにすぐさま取ることが可能な対策は何かを探るため、ピレリのタイヤ専門家とともに独自の調査を行った。報告書はチーム側にも送付されており、慎重な表現が並べられた声明の内容は、ピレリとFIAによって取り決められたものだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン