サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ人気SUVを提供? トヨタ「RAV4」とスズキ「アクロス」は何が違う? 両社の関係性とは

ここから本文です

なぜ人気SUVを提供? トヨタ「RAV4」とスズキ「アクロス」は何が違う? 両社の関係性とは

■トヨタがスズキにRAV4を供給!? その意図とは

 2020年7月1日、スズキの欧州法人は、プラグインハイブリッド車の新型SUV「アクロス」を世界初公開しました。アクロスのベースとなるのは、トヨタの人気SUV「RAV4 PHV」ですが、なぜRAV4 PHVをOEM供給するのでしょうか。

ブラジル製ジムニーがヤバいほどカッコイイ! ユニークな南米モデル5選

 トヨタとスズキは、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、具体的な内容の検討を続けてきましたが、2019年3月20日にトヨタの強みである電動化技術とスズキの得意分野である小型車技術を持ち寄り、生産領域での協業や電動車の普及など、具体的な検討に着手することに合意しています。

 具体的には、トヨタのハイブリッドシステムをスズキに供給するとともに、欧州で「RAV4」と「カローラワゴン」の電動車をスズキへOEM供給するとしていました。

 対して、スズキは自社の強みである小型車・小型パワートレインをトヨタに供給する具体策として、スズキの小型モデル「シアズ」「エルティガ」をOEM供給するとともに、スズキがインドで生産する「バレーノ」「ビターラブレッツァ」「シアズ」「エルティガ」をトヨタのアフリカ市場に供給する予定です。

 トヨタとスズキの協業後、最初の取り組みとしては、インド市場にてスズキからバレーノをOEM供給し、トヨタ「グランザ」を2019年6月6日に発売しました。

 今回、その逆となるトヨタからスズキへのOEM供給として、新型アクロスを欧州市場で2020年秋に発売します。

 新型アクロスの生産は、2020年6月初旬から愛知県のトヨタ系工場で開始したといい、スズキ向けに年間3000台程度を供給するようです。では、新型アクロスとベースとなるRAV4 PHVとは、どのような部分が異なるのでしょうか。

 新型アクロスの外観は、RAV4 PHVと異なるフェイスデザインとなり、グリル中央にスズキのエンブレムを配置。

 デザイン面では、グリル開口部やバンパー左右のベゼルが大型化され、ヘッドライトも細長い形状となったほか、RAV4のアドベンチャーグレードに採用されているようなシルバー塗装されたガーニッシュパーツや19インチアルミホイールを装着。ボディカラーは、全6色です。

 内装は、RAV4シリーズ(ガソリン/ハイブリッド/PHV)と同様のデザインとなっており、インパネ中央には9インチディスプレイオーディオを装着。スマホ連携機能としてApple CarPlayやAndroid Autoが使用できます。新型アクロスでは、ハンドル中央にトヨタマークの代わりに「S」のスズキマークが備わります。

 搭載されるパワートレインは、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンにふたつのモーターを組み合わせた新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用。これは、ベースのRAV4 PHVに搭載されるものと同様です。

 このシステムは、RAV4のハイブリッド車よりもフロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、システム最高出力306馬力を達成。モーターを最大限活用することで、瞬時に加減速することが可能となりました。

 駆動方式は、トヨタがハイブリッド車に採用している電気式4WDシステム「E-Four」を設定。走行シーンにより、適切なトルク配分をおこない荒れた路面や雪童などでも走破性や安定性を確保するものです。

■欧州市場でRAV4とアクロスを販売…競合はしないのか?

 現在、スズキの欧州市場におけるSUVラインナップは国や地域によって異なるものの、「ビターラ」、「S-Cross」を展開。そして2021年には「ジムニー(日本名:ジムニーシエラ)」が販売される予定という状況です。

 対して、トヨタの欧州でのSUVラインナップはRAV4に加え、「C-HR」、「ハイランダー」、「ランドクルーザー」、「ハイラックス」があります。

 なお、新型アクロスのベースとなるRAV4 PHVは2020年夏以降に販売を予定。そのため、年内には同じ欧州市場でRAV4 PHVとアクロスが両社からそれぞれ発売されます。

 トヨタとスズキの提携にあたり、トヨタの豊田章男社長は当時次のように述べています。

「今後進展することが見込まれている車両の電動化において、依然多くの市場では、ハイブリッド技術の果たす役割は大きいと考えている。

 電動車両は普及しないと地球環境への貢献にはならない。今回の合意により、インドや欧州をはじめ、グローバルにおいてさらにハイブリッド技術が普及することを期待している。

 同時に、スズキとの協業が、車両やパワートレインの相互補完から開発や生産の領域まで広がることにより、100年に一度の大変革の時代を生き抜くために必要な競争力の強化につながると考えている。

 今後も両社の強みを活かし、学びあうことによって、お互いの競争力を強化していけるよう取り組んでいきたい」

 対して、スズキの鈴木修会長は、当時次のようにコメントしています。

「2018年5月に提携案件の公表をおこなった際、『グローバルな市場での成功を目指す』と申し上げました。それ以来提携関係が進展し、ヨーロッパやアフリカを含むグローバルな進捗を公表することができるようになったのは、大変喜ばしいことです。

 また、今回トヨタからハイブリッド技術も使わせていただけることになったのは誠にありがたいお話であり、精一杯取り組んでいきたい」

※ ※ ※

 なお、RAV4 PHVの日本での販売計画は月間300台の年間3600台ですが、2020年6月末時点で同車のホームページ上にて「生産上の都合などから受注を一時停止する」と発表。

 これは、RAV4 PHVが2020年夏以降に欧州や北米での発売を控えているほか、今回のスズキ向けに年間3000台程度を供給することを見越した動きと考えられます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します