サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > Early ’20 BMW新型モデルラインナップ【1.8L新ボクサー・R18が完成間近】

ここから本文です

Early ’20 BMW新型モデルラインナップ【1.8L新ボクサー・R18が完成間近】

ビッグクルーザー路線を再開拓か!?

BMWのEarly ’20 ニューモデルラインナップの中で最も注目されるのが、現段階ではコンセプトモデルながらも、R1200Cの廃盤以来久々の復活が期待されるBMWクルーザー「R18」だ。なんとボクサーツイン歴代最大の1.8Lエンジンを積む! また従来のF800シリーズは800ccから900ccにて展開され、新たにF900シリーズを名乗ることになった。

2019新車走評:日欧大型クルーザー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #11]

R18:’20市販化を目指していよいよ最終段階か

BMWが市販向けに開発を続けている1800ccボクサーツインを搭載する「R18」が、いよいよ完成間近。’19年5月に発表したコンセプトモデルがEICMA2019であらためて展示された。

R18は、ループフレームを持った’40~’50年代車を彷彿とさせるデザインでまとめられているが、歴代最大排気量となるボクサーツインの左右に飛び出る巨大なシリンダーがなんとも印象的。その上面にはOHVのプッシュロッドが見て取れる。ロー&ロングの車体はフロント21インチ、リヤ19インチの大径ホイールを履き、むき出しのシャフトドライブなど懐かしさと力強さが同居する。

R18/2モダン改の“スラッシュ2”も登場

さらに今回は新たにモダンなドラッガースタイルのR18/2も発表され、また違った姿も披露。この新エンジンで、BMWは久々となるクルーザー路線を目指しており、海外では市販車のスパイショットも報告され始めている。

今回のEICMAで初公開となったR18/2は、ビキニカウルやメガホンマフラー、ドラッガーシートにキャストホイールを持ったスポーティなバージョン。リジッド風のフレーム構造はR18と同じながら、こちらはグッと年代が新しくなったモダンなスタイルを見せている。こちらのシリンダーは黒塗りでドレスアップ。

Fシリーズは900ccで新展開

◆F900R:排気量+42ccの895cc。FシリーズのSTDスポーツネイキッド

ミドルクラス並列2気筒のF800シリーズが、排気量を895ccにアップしてF900シリーズへとフルモデルチェンジ。共通のエンジンとメインフレームを持つスタンダードなネイキッドモデルのF900Rと、アドベンチャースポーツのF900XRが発表された。トラコンやエンジンブレーキ、コーナリングライト、果てはリヤの電制サスほか、このクラスでは異例の数の電脳装備を工場オプションで装着できるのも特徴となっている。

◆F900XR:アドベンチャースポーツタイプ

ネイキッドモデルのF900Rと共通プラットフォームを持つアドベンチャースポーツがF900XR。エンジンスペックも共通だ。

S1000XR:新型RRベースで刷新

並列4気筒のS1000XRも新型S1000RRベースでモデルチェンジとなった。そのエンジンはRRから-5kgの軽量化を果たし、車重全体では先代モデルより-10kgを実現。電脳装備はさらに充実し、突然のスロットルまたはシフトダウンで後輪がスリップするのを防ぐMSR(エンジンドラッグトルクコントロール)も初採用される。

このバイクに関連する記事

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します