サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、開幕戦富士を完勝「タイトルを争えると言えるだけの手応えを感じている」

ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、開幕戦富士を完勝「タイトルを争えると言えるだけの手応えを感じている」

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、開幕戦富士を完勝「タイトルを争えると言えるだけの手応えを感じている」

 TEAM MUGENの野尻智紀は、2021年のスーパーフォーミュラ開幕戦富士をポール・トゥ・ウインで制覇。念願のタイトル獲得に向け、最高のスタートを切った。

 野尻は土曜日に行なわれた予選で、2番手の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)に0.223秒差をつけてポールポジションを獲得。決勝のスタート直後は一旦大湯に先頭を奪われたものの、冷静に差を詰め、ダンロップコーナーでアウト側からズバリとオーバーテイク。その後雨の予報もあったためか義務付けられている1回のピットストップを終盤まで遅らせ、後続との差を守り切ってトップチェッカーを受けた。

■スーパーフォーミュラ開幕戦富士:PPスタートの野尻智紀が完勝。初タイトルに向け好スタート

「今週は走り出しから調子が良くて、開幕戦に向けて作り上げてきたモノが機能していました。手応えも感じていたんです」

 野尻は決勝レース後の優勝者記者会見でそう語った。

「スタートでは、クラッチに少し不安を抱えていました。それが実際に出てしまったのかなと思います。大湯選手は最初はすごく速かったんですが、5~6周したらこっちが有利になっていきました。最小限の周回数(10周目以降)でピットに入ろうか、それとも終盤までピットストップを遅らせようか悩んでいる時に、大湯選手を抜くことができました。それで、ステイアウトするという戦略を採ったんです」

「雨が降るかもしれないという難しい局面もありましたが、最後まで落ち着いて走り切ることができました。チームとホンダに、素晴らしいパッケージを用意していただきました……僕の力というより、みなさんに勝たせてもらいました。僕は集中を切らさず、やれることをやっただけです」

 終盤までタイヤ交換を遅らせた野尻だが、チームからは周囲が先にピットストップしているということは、知らされていなかったと明かした。

「チームは、他のみんながタイヤ交換しているのを教えてくれなかったんですよね。このまま行ったらアウトラップは大変だぞと思っていたんですが、他の皆んなも同じように走り続けていると思っていました」

 野尻はそう語る。

「残り3~4周という段階で、大湯選手は50秒後ろだと言われました。『もう入ってるのかよ!(笑)』と思いました。本当はもっと早く入りたかったです」

 まだ1戦目ながら、タイトル争いに向けて絶好のスタートを切ったのもまた事実。会見でそう尋ねられた野尻は、次のように語った。

「個人的にも、明確に”タイトルを獲る”と言えるだけの手応えを感じられています。そういう意味では、目指すところに向けては非常に良いスタートを切れたと思います」

 また今季の野尻のマシンには、コロナ禍で激務に挑む、医療関係者への感謝のメッセージが記されている。これについても野尻は、次のように改めて自分の言葉で語った。

「僕のマシンに大きくメッセージを入れさせていただいておりますが、改めてお伝えしたいと思います。今のコロナ禍の中で、状況はまた不安定になりつつありますが、医療に携わる方々のご尽力に本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。次も良いレースを見せられるよう、頑張りたいと思います」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します