サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 復活した伝説のカタナは現代に何をもたらすのか?

ここから本文です

1980年に発表され、翌年から欧州で発売がスタートした初代のGSX1100S、通称カタナはたとえるなら名匠が手にかけた国宝級の名刀であった。全てが研ぎ澄まされ、その後に手を入れる余地など残されていない完成度の高さを誇っていた。

では、2018年に登場した新型のカタナはどうなのだろうか。

EVというよりEV含むハイパフォ・カーで盛り上がった2019年のLAオートショー

スズキ カタナ|SUZUKI KATANA

2018年に復活したカタナ。正式車名も「KATANA」となり、グレードも1つ。カラーはミスティックシルバーメタリックとグラススパークルブラックの2種類で、価格は154万円。

おすすめのニュース

サイトトップへ