サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バイクのエンジンから伸びるエキパイの役割とは?

ここから本文です

■バイクのエキパイって何?

 単なる排ガスを通すだけのパイプにも見えてしまうエキパイですが、単なるパイプであるなら特徴的な形は飾りでしょうか。まず名称から説明をすると、一般的には「エキパイ」と略されて呼ばれますが、正式名称は「エキゾーストパイプ」。サイレンサーと同じ扱いにしてマフラーと呼ばれたりします。その役割は排ガスを通すパイプだけでなく、排ガスの通りを制御してエンジンパフォーマンスに影響を与えるパーツです。

バイクのマフラーが多くのモデルで右側に出ているのはなぜか

 エキパイと呼ばれる範囲は、エンジンからマフラー(サイレンサー)までの中間を繋いでいる部分。

おすすめのニュース

サイトトップへ