サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「表彰台では視界全体が少しかすんで見えた」体調不良を訴えたハミルトン、コロナ後遺症を懸念/F1第11戦

ここから本文です

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、8月1日に行われたF1第11戦ハンガリーGP決勝の過酷なレースを戦い抜いた後、めまいや目のかすみを感じたとして、新型コロナウイルス感染症(COVIED-19)の後遺症を懸念していると明かした。

 決勝レースではリスタート後に最後尾からの追い上げで3位(修正版のリザルトでは2位)に入賞したものの、その後のハミルトンは見るからに疲労困憊していた。ハミルトンはレース後のFIA公式記者会見に遅れて登壇し、表彰式の最中に体調不良を感じたことからメルセデスのチームドクターに相談していたと記者たちに説明した。

FIAがF1ハンガリーGPリザルト修正版を発表。ベッテルが2位から暫定失格扱いに変更。ハミルトンが2位に

「本当にひどいめまいだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン