サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ個性的な配列がない? 基本世界中でAT車のシフトパターンが「P-R-N-D」の順な理由

ここから本文です

 誤操作を防ぐために考えられたシフトパターン

 AT車の歴史はけっこう古く、フルードカップリング+4段変速を備えた世界初のATは、1939年に登場したGMのオールズモビルのATだった。それ以降、アメリカのビッグ3とボーグワーナー社はATの開発に夢中になり、1950年代にはいまのATの原型、トルクコンバーターと多段プラネタリーギヤという形で落ち着いた。

【意外と知らない】オートマの「N」ニュートラルは何に使う?

 当然、初期のATには統一されたシフトパターンはなく、各社ばらばらのパターンで売り出していたが、まず1950年代前半に「R-N-D-L」というパターンが定着。

おすすめのニュース

サイトトップへ