サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハスラー ツイン ラパン スイフト… ユーザー第一で歩んだスズキの100年戦記(後編)

ここから本文です

ハスラー ツイン ラパン スイフト… ユーザー第一で歩んだスズキの100年戦記(後編)

 今年(2020年)創立100周年を迎えたスズキ。そんなスズキの名車たちをいくつかのテーマで選出する本企画。19日の前編に続いて、今回は後編だ。

 自動車業界では名物経営者として知られる元CEOの鈴木修氏。前編ではその名語録も紹介したが、今回は特に渡辺陽一郎氏のハスラー誕生時の背景に興味深いものを感じる。

日本の至宝も発売から12年超… 日産GT-Rはどんな存在だったのか? どこへゆくのか?

 まさに「お客様の立場になったものづくり」という創業時の想いを体現するエピソードなのではないだろうか。

 超個性派のコンセプトカーから、新たなメインストリームを切り開いたニュースタンダードカーまで。スズキのチャレンジが織りなした100年を見ていこう。

■スズキ100年 TOPIC年表
・1920年…鈴木式織機株式会社として、静岡県(現)浜松市で創業
・1954年…鈴木自動車工業(株)へ社名変更
・1955年…日本初、量産軽自動車スズライト(2サイクル360cc)発売
・1962年…英国マン島TTレース50cc部門で優勝を飾る
・1967年…タイ・スズキモーター社を設立(スズキ初の海外二輪工場)
・1970年…初代ジムニー誕生。2サイクル360ccモデル
・1978年…鈴木修、社長に就任
・1979年…初代アルト誕生。「アルト47万円」という宣伝が話題に
・1983年…インドでの四輪車生産開始
・1991年…ハンガリーでの四輪車合弁生産に正式調印
・1993年…初代ワゴンRが誕生
・2007年…インドの子会社を「マルチ・スズキ」社に社名変更
・2015年…鈴木俊宏、社長に就任
・2019年…トヨタとの資本提携を締結

●【画像ギャラリー】国内メーカーの小さな巨人! スズキ100年史の名車たち(後編)

※本稿は2020年4月のものです
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号

■2000年~2020年 スズキ名車5選

●質感が向上し、個性派モデルも登場したこの20年で、渡辺陽一郎氏が選ぶ5台がコレ!

(選出&TEXT/渡辺陽一郎)

●関連記事…アルト フロンテ ジムニー ワゴンR… ユーザー第一で歩んだスズキの100年戦記(前編)

 スズキは1979年初代アルト、1993年初代ワゴンRを発売。大いに人気を集め、他メーカーからもライバルモデルが続出した。また海外進出も積極的で、スズキは1990年代までに国内と海外で強固な市場を築いてきた歴史がある。

 2000年以降は、この流れを受け車種の選択肢を一層充実させている。背景にあるのは、スズキの創業当時から伝わる「やらまいか」(まずやってみよう、という意味)の精神だ。

 これを特に強く感じたのが、2003年に登場したツイン。

●ツイン(2003年)

スズキの「やらまいか」精神が滲み出るモデルの1台

 全長が2735mmというボディの短い2人乗りの軽で、最小回転半径も3.6mに収まる。軽自動車で最初のハイブリッドも用意され、エンジンと4速ATの間に薄型モーターを配置。駆動用電池はコスト低減のために鉛電池を積む。

 ツインは個性的なクルマとあって1カ月の販売計画が200台にかぎられ、価格も安くはない。ゆえに普及はせずに1代かぎりで終わる運命に。が、スズキのチャレンジ精神がよくわかるクルマだ。

 2002年に登場した初代アルトラパンにも「やらまいか」を感じた。

●初代アルトラパン(2002年)

アイデア商品と思われたが、市場はちゃんとあった!

 水平基調のボディは角に丸みをつけ、独特のリラックス感覚を漂わせる。当時流行した「癒し/いやし」の語感に合ったクルマで、女性向けではあるが、落ち着いた外装色を選べば男性が使っても違和感はない。

 1代かぎりで終わるアイデア商品と思ったが、フルモデルチェンジを繰り返して今は3代目。初代に比べると存在感が強まり、「癒し」のイメージも時代に応じて変化していることを思わせる。

 2014年に発売された初代ハスラーは、ワゴンRのようなハイトワゴンとSUVを融合させて人気車に!

●初代ハスラー(2014年)

軽に新しいカテゴリー! 大ヒットした初代ハスラー

 鈴木修会長が知人から、「私はスズキKeiに乗っているが、乗り替えるクルマがなくて困っている」と聞かされる。この話が発端に開発が始まり、商品化。軽に新たなステージを吹き込んだモデルといっていい。

 小型車では2代目スイフトを挙げたい。

●2代目スイフト(2004年)

日本を重視したスズキらしいモデル。デザインもいい

 欧州車風のデザインが受け入れられ、世界的な人気車に。この流れが現行4代目にも続いているが、日本人に合う使い勝手のよさなど、トータルで2代目が推し。

 最後は、先代より質感が上がった3代目エスクード。

●3代目エスクード(2005年)

2L、5速MTモデルまでラインナップされていた

 ラダーフレーム一体型モノコックボディとなり、フルタイム4WDを採用。なるほど“世界戦略車”というクルマの出来が印象に残る。

 これらのように、小さなクルマの可能性を広げて新たな需要を開拓。スズキのモデル戦略のひとつといえそうだ。

【閑話休題】スズキ モータースポーツ史

 かつてはグループ会社の「スズキスポーツ」がスズキのモータースポーツを統括していた。1989年からは標高4300mのフィニッシュラインを目指す米国パイクスピーク・ヒルクライムにカルタスで挑戦。

XL7

 以後、マシンをエスクード、エリオ、XL7などに代えて2007年まで参戦。また、WRCでは2002年からイグニススーパー1600で参戦し、2006年からJWRCにも参戦していた。2007年からはSX4 WRCでツール・ド・コルスから参戦開始。

 翌2008年シーズンはこのSX4 WRCにより総合5位に食い込むも、同年かぎりで撤退している。

■海外専売の名スズキ車たち

●日本で売られていないのが実に惜しい!?

(TEXT/編集部)

 ここで紹介するのは現在、海外市場でスズキが販売している海外専売車。どれも個性豊かだ。

 まず、ビターラブレッツァは2016年2月からインドでマルチ・スズキが販売しているコンパクトSUVで、1.3Lの直噴ディーゼルを搭載。

●ビターラブレッツァ

ボディサイズは全長3995×全幅1790×全高1640mm

 エスプレッソは昨年(2019年)9月に同じくインドで販売開始されたひと回り小さいサイズのコンパクトSUVだ。エンジンは1L NAガソリンのみ。

●エスプレッソ

フロントからリアにかけてのデザインを統一し「どこから見てもエスプレッソだとわかるように」したのだという

 ディザイアはインドで2017年5月に登場した現行スイフトベースのセダン。

●ディザイア

スイフトにトランクスペースをプラスしてノッチバックセダンに

 車名こそ日本と同じワゴンRは昨年(2019年)1月にインドに投入された1Lエンジン搭載のAセグコンパクトモデルで、もちろん軽ではない。

●ワゴンR

ボディサイズは全長3655×全幅1620×全高1675mm。エンジンはガソリンの1Lと1.2Lを設定

 最後のXL7は今年2月、インドネシアに登場した3列シート7人乗りSUVで、インドネシア市場で3割以上を占めているMPVセグメントに投入された。1.5Lエンジンを搭載する。

●XL7

全長4450×全幅1775×全高1710mm。このサイズのコンパクト3列シートSUVなら日本に導入しても売れそう

■スズキ東京モーターショー コンセプトカー傑作選

●遊び心のある楽しげなコンセプトモデルばかり!

(TEXT/編集部)

 最後はここ最近の東京モーターショーに出展されたコンセプトカーで、特に印象に残ったモデルを紹介しよう。

 スズキらしく遊び心のある楽しげなモデルが揃っているが、担当が個人的に市販してほしいのがマイティボーイの現代版となる2015年のマイティデッキだ!

●X-HEAD(2007年)

タフなイメージの2シーターライトトラックコンセプトモデル。エンジンは1.4Lガソリンがミドシップに搭載されていた

●REGINA(2011年)

ぬめっとしたデザインが特徴的な次世代グローバルコンパクトのコンセプトモデル。800cc直噴ターボエンジンを搭載する

●X-LANDER(2013年)

スズキらしいオフロードモデルのコンセプト。4WD機構のモーターを自動制御MT変速に活用するハイブリッドを採用

●マイティデッキ(2015年)

ウッドパネルが採用されたオープンデッキを持つ2シーターコンセプト。直3、1Lターボと5速AGSを採用していた

●e-SURVIVOR(2017年)

その名のとおり、近未来的なコンパクトSUV。前後2基ずつの計4基のモーターを持つ。まるで未来のSF型ジムニー?

●【画像ギャラリー】国内メーカーの小さな巨人! スズキ100年史の名車たち(後編)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します