サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD初日インタビュー:電装系トラブルはパワーユニットと関係なし「パフォーマンスを最大限発揮して挑むだけ」

ここから本文です

 開幕戦で2台がリタイアを喫したレッドブル・ホンダ。レース直後からホンダはチーム、そして日本のさくらR&D、イギリスのミルトンキーンズと連携し、原因の解析を進めてきた。その結果、特にフェルスタッペンのトラブルはパワーユニット(PU)由来ではないことが判明したようだ。

──────────

レッドブル・ホンダ分析:雷雨予報により走行プログラムを変更。フェルスタッペンとアルボンの手応えは別れる

──トラブルの原因究明で、進展があったようですね。

田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):開幕戦はレッドブル・ホンダの2台が電装系トラブルでリタイアしたわけですが、その後原因の解析作業を進めながら初日セッションに臨みました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン