サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 空港トーイングトラクターの遠隔自動運転…中部国際空港で実証へ

ここから本文です
ソリトンシステムズは5月19日、日本航空(JAL)、中部スカイサポート(CSS)の協力を得て中部国際空港の制限区域内でトーイングトラクターの遠隔運転実証実験を5月23日から実施すると発表した。

実証実験に使用するトーイングトラクターは、JALが現在運用中の車両をベースに、ソリトンが開発した遠隔運転操縦システムを搭載する。名古屋市内に設置したソリトンの遠隔センターから、中部国際空港内での運転資格を持つCSSの社員が、遠隔で運転操作する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン