サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次世代モビリティ、2030年国内販売台数は10万2700台と予測

ここから本文です

矢野経済研究所は、次世代モビリティ市場に関する調査を実施。2030年の国内販売台数を10万2700台と予測した。

交通渋滞や物流課題、公共交通空白地域の解消といった諸問題にて、小型で小回りが利く次世代モビリティの果たせる役割は大きい。一方で、軽自動車やオートバイなど既存のモビリティに対して、コストや商品性で十分な優位性を示せていない次世代モビリティには乗り越えなくてはならない課題も山積している。

日本では、軽自動車の一種の区分として2020年より販売が開始された「超小型モビリティ」を中心に市場の拡大が見込める。

おすすめのニュース

サイトトップへ