サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ義務化しない!!? 急増中のパンク事故を防げ「タイヤ空気圧モニタリングシステム」が普及しない理由

ここから本文です

 タイヤの性能と道路環境が良くなっているにも関わらず、日本ではパンクに代表されるタイヤのトラブルが増加傾向となっている。

 JAFが発表する年度ごとのロードサービス出動件数によると、(パンクには限らないが)タイヤトラブルによるものは2007年に約28万6000件だった。

愛車の寿命を縮めて事故の元にも…百害あって一利なし「タイヤバランス」に気をつけろ

 それに対し、10年後の2017年は約39万2000件と10万件以上増え、2018年は約38万8000件とわずかに減ったものの、2019年には約41万2000件と再び増加しているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ