サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1のハミルトン「アルボンとのことはレーシングインシデントのように感じる」もペナルティを受け入れ

ここから本文です

 2020年F1オーストリアGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4位だった。

 ハミルトンは予選2位を獲得したものの、3グリッド降格ペナルティにより5番グリッドからのスタートに。予選中にイエローフラッグ時の減速が十分ではなかったという疑いが浮上、土曜の審議ではお咎めなしとの裁定だったが、日曜にレッドブル・レーシングが再調査を要求。決勝直前の審議の後、新たな映像証拠により、スチュワードはハミルトンの違反行為が明らかであるという結論を出した。

ボッタス、トラブルを抱えながら全周リードの完勝「ミスは絶対許されないと分かっていた」メルセデス F1オーストリアGP

 ハミルトンはソフトタイヤでスタート、26周目にハードに交換する1回ストップで走った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン