サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは

ここから本文です

 ハイブリッドは軽自動車でも販売に有利

 2021年4月1日に全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は、2021年3月単月の軽自動車販売台数の速報値を発表した。同時にこちらも速報値ではあるが、2020事業年度締めでの、年間販売台数も発表となった。

若者が8人乗りの軽自動車で起こした事故! 運転技量以前に「事故って」当たり前の状況とは

 それによると、ブランド別での事業年度締め軽自動車年間販売台数トップは、54万9409台を販売したダイハツ。2位は53万9396台を販売したスズキとなっている。その差は1万13台となり、月平均での販売台数差にするとわずか約834台となり、まさに“かろうじて”トップを死守したという結果となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン