サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スマートドライブ、住友三井オートサービスと資本業務提携…モビリティサービス開発を加速

ここから本文です
スマートドライブは3月4日、住友三井オートサービス(SMAS)と資本業務提携契約を締結したと発表した。スマートドライブが実施した第三者割当による増資の一部をSMASが引き受け、連携強化を図る。

両社は2017年3月、SMASの株主である住友商事がスマートドライブに出資して以来、さまざまな協業を重ねてきた。2019年には、コネクティッド領域で得たノウハウをベースとして、次世代テレマティクスサービス「SMAS-SmartConnect」の提供を開始。

おすすめのニュース

サイトトップへ