サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車部品メーカーの再編加速! クルマのコストは下がるも無個性化する懸念

ここから本文です

 TNGAなどクルマのプラットフォーム共通化がひとつのきっかけ

 ホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業が日立オートモーティブシステムズと合併。また、トヨタ系のアイシン精機とアイシン・エイ・ダブリゥが経営統合など、2019年後半になり自動車部品業界での再編が加速している。

【今さら聞けない】トヨタの「TNGA」ってなに?

 同じ部品を使うことでコスト削減になるのは当然なのだが、どうしてこのタイミングで部品製造企業そのもの同士が融合するまでの、大きな変化が起こっているのだろうか? その背景にはさまざまな要因がある。

 まずは、プラットフォームの共通化だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ