サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 仙台空港で超小型EV『コムス』によるシェアサービス 豊田通商が提供

ここから本文です

豊田通商は10月1日、仙台空港で、トヨタ車体製の超小型電気自動車(EV)『COMS(コムス)』を活用した、シェアリングサービス「エアポートCOMS」を10月4日から提供すると発表した。

「エアポートCOMS」は、名取市や岩沼市の協力を得て豊田通商が仙台国際空港、トヨタレンタリース宮城と連携して運営するもの。CO2フリーで環境にも優しく、小型で扱いやすい超小型EV「COMS」を、最短1時間から借りることができる。料金は1時間1000円(消費税込み)。

空港利用者の利便性や満足度の向上、空港周辺の回遊性向上による地域振興への貢献を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ