サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 不当に過小評価されている名車 39選 後編 魅力が伝わらなかった悲運のクルマたち

ここから本文です

ジェンセン・ヒーレー

1972年に発売されたジェンセン・ヒーレーは、古典的な英国スポーツカーの方式を徹底的にモダンにアレンジしたモデルだった。ロータスのツインカム16バルブ・エンジンを搭載しながらも、快適性と優れたハンドリングを実現している。

【画像】もっと評価してほしい名車たち【スズキ・キザシや日産パルサーを写真で見る】 全109枚

トランスミッションはサンビーム・レイピアから流用され、サスペンション、ステアリング、フロントサブフレームはすべてヴォグゾールの部品だった。現存する個体では、初期の不具合は大方修正されているはずだ。ジェンセン・ヒーレーは良心的で比較的手頃な価格のブリティッシュ・クラシックとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ