サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型ゴルフ eTSI アクティブの、1L直3ターボユニットで十分魅力的な理由とは

ここから本文です

【試乗】新型ゴルフ eTSI アクティブの、1L直3ターボユニットで十分魅力的な理由とは

2021年6月15日、第8世代となる新型ゴルフ、通称「ゴルフ8」の販売がいよいよ日本市場でも始まった。まずは4つのラインアップからの導入スタートだが、今回は車両価格が300万円ちょっとの最量販グレード候補であり、1L 直3ターボを搭載した「eTSI アクティブ(eTSI Active)」に注目してテストドライブに臨んだ。

新型ゴルフはMHEVの4グレードの展開でスタート
欧州で「ゴルフ8」がワールドプレミアされたのは2019年末のこと。実に、1年半ほどのタイムラグで「やっと」日本上陸を果たした。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

その間、本国ではGTI、GTE、GTD、Rなどなど、上級スペックのラインアップが続々と登場しているが、それらの日本デビューはまだしばらく先になりそう。日本市場向けの第一弾としては、直噴ガソリンターボエンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV/フォルクスワーゲンとしては初)を組み合わせた「eTSI」が導入される。

搭載エンジンは1L 直列3気筒と1.5L 直列4気筒の2タイプで、それぞれに2種類ずつのグレードを設定。中でもハッチバックモデルとしては初めての「Rライン(1.5L 直4ターボ搭載モデル)」はそうとう目立つスタイルの持ち主ではあるが、いかんせん本国既出の本家「R」と比べてしまうと地味な印象は拭えないように思える。

しかし実際にハンドルを握ってみると、そんな予想は見事に覆された。わずか13psほどのパワーしか発生しないスターターとジェネレーターを兼務する電気モーターが、エコと走りのパフォーマンスを高める「飛び道具」としての役割を、しっかり果たしている。おかげでもっともベーシックな1Lの直列3気筒モデルであっても、ゴルフ8としての魅力を堪能することができたのだった。

伸びやかなシルエットで高いクオリティをアピール
「ベーシック」とは言っても今回試乗した「eTSI アクティブ」は、1Lモデルの中では上位機種に当たる。前後バンパーのアレンジが1.5Lモデルと比べればやや「光りモノ」が控えめになる以外、デザイン的な差別化は大きくはない。薄くシャープな印象のLEDヘッドランプやエッジの利いたスライスライン、張りのあるプレスラインなど、ゴルフ8ならではの「新しさ」をまとう。

従来型のゴルフ7に対して30mm延長された全長のおかげもあって、シルエットはとても伸びやかだ。1Lモデルは16インチタイヤのみの設定となるが、凝った意匠の5スポークアルミホイールが、足元からスポーティ感を巧みに演出している。「eTSI アクティブ」の車両価格は312万5000円とCセグハッチバックとしてはけっしてリーズナブルではないけれど、まずは見た目で高いクオリティを実感させてくれるのが嬉しい。

イノビジョン コクピットはシンプルなのにスタイリッシュ
コクピットに乗り込めば、さらに革新的なクオリティの進化を感じることができる。そもそもゴルフのインターフェイスと言えば、1974年の初代誕生以来「無駄のない機能美」が売り。新しいゴルフ8ではその伝統を徹底したデジタル化によってつきつめ、高い視認性と優れた操作性、そしてすっきりシンプルな操作系を実現している。

名付けて「イノビジョン コクピット」・・・InnovationとVisionを掛け合わせたその名にふさわしく、ゴルフ8のインターフェイスはさまざまな意味で洗練されている。フルデジタルメータークラスターやディスカバープロなどの「人とクルマがつながる」ための先進性は、フォルクスワーゲン全モデルの魅力としてすでに浸透してきたが、ゴルフ8ではさらに、操作する部分での先進性をわかりやすくアピールしているようだ。

象徴的な機能が、ディスプレイ下に配されたタッチスライダーだろう。細長いピアノブラックのデバイスは、3つのエリアに分割され、それぞれにオーディオやエアコン、カーナビゲーションなどの調整機能が備わる。たとえば真ん中のエリアを1本指でタッチすると、ボリュームを上げ下げすることができる。一方、同じエリアを2本指でピンチイン/アウト操作すると、ナビゲーションのスケールが変化する。

タブレットPCを操る感覚には、慣れが必要かも・・・
つまりは使用頻度の高い制御をショートカットキーで操作する感覚なのだが、これが正直、慣れるまでになかなか時間がかかった。空調操作、走行モード設定、運転支援機能制御、パーキングアシスト機能の呼び出しなどはワンタッチスイッチが設定されているが、こちらも詳細なコントロールはディスプレイ上で行う。ある程度までは直感操作できるのだが、制御の階層が深まってくると戸惑うシーンも少なくなかった。

 ほんの数日付き合うだけのテストドライブでは、やや手ごわい印象があるゴルフ8のインターフェイス。だが、実際に所有すればそうした独特の操作性にはほどなく馴染んでいくに違いない。フォルクスワーゲン自慢の「つながる」新技術We Connectなど、新しい世代の「機能美」を使いこなす愉しさもまた、オーナーとしての醍醐味。愛車との絆も、きっと深まっていくことだろう。

より高い速度域まで安心サポート。「Travel Assist」は頼りになる
ともすれば「慣れ」が必要な挑戦的新機能がある一方で、わずかな間にその便利さにすっかり魅了されてしまうような便利機能もある。ゴルフ8の場合は間違いなく、IQ.DRIVEの新機能として追加された「Travel Assist(トラベルアシスト)」がその筆頭だろう。ACCとLKA(レーンキーピングアシスト)を組み合わせた「同一車線内全車線運転支援システム」だが、従来は60km/hまでしかコントロールできなかった。

しかしゴルフ8では、その対応車速を最大210km/hまで引き上げている。日本の道路事情ではオーバースペックにも思えるが、制御できる速度域が上がれば上がるほど、運転におけるストレスは確実に抑制されるはず。今回のテストドライブでも、ロングレンジでの移動時には常にお世話になっていたが、作動状況のインジケーターがわかりやすく、比較的高い速度レンジでも安心してクルマに任せておけるような気がした。

電気の力が、キビキビ感と軽快感を絶妙にサポート
もちろん、ゴルフ8はドライビング性能に関しても非常に魅力的に仕上がっている。こと「速さ」という点に関しては、やはり1.5L 直4ターボのeTSIの実力が光る。最高出力150ps、最大トルク250Nmというスペックから想像される以上に、刺激的な速さを体感することができる。

比べてしまえば1L 直3ターボの「eTSI アクティブ」の速さは、当然控えめ。ただしそれは、高速道路での追い越し時や急な上り坂などで、感じるレベルの違い。加減速が連続する街乗りでは逆に、適度なピークパワーが扱いやすさにつながる。

ゼロスタートからスムーズな加速感はまさに、マイルドハイブリッド化の恩恵と言っていいだろう。とくに、意識的にアクセルペダルの踏み代を抑えて走る「ちょっとだけエコドライブ」を心がけてみると、ベルト式スタータージェネレーターの絶妙なサポートによって、驚くほど軽快でリニアな加速感を感じることができた。7速DSGのスマートな変速制御も含めて、そのシームレス感は「ちょっとBEVっぽい・・・」と思えたほどだ。

付け加えるなら、直列3気筒ならではのノーズの軽さも好印象だった。1.5L 直列4気筒モデルでも十二分に軽快フットワークが楽しめるのだけれど、1Lモデルはハンドル操作に対する反応がより素直でスムーズに思えた。コーナリング時の速度域が上がれば17インチタイヤの恩恵が明らかになってくるはずだが、日常シーンではeTSIのリニア感を十二分に生かして、「愛車を意のままに操る」醍醐味を味わうことができそうだ。

大人だけれど若々しい・・・新しい時代の「ゴルフ像」の誕生か
16インチタイヤでもやや硬さを感じさせる乗り心地など、改善点はもちろんある。けれど、すべてにおいて底上げされた「ゴルフらしさ」は、従来からのゴルフファンにも支持されることだろう。その一方でゴルフ8は、いい意味で「若々しい」雰囲気に満ちていることにも最後に触れておきたい。

昨今のフォルクスワーゲンはTクロス、Tロックなど、エッジの利いた内外装を持つエントリークラスのニューフェイスが増えている。どちらもとがった印象がやや強いけれど、より若い層のユーザーを狙って人気者となった。新型ゴルフはその兄貴分的存在としてデザイン的にも機能的にも、もう少し大人びたセンスで絶妙な「若々しさ」を表現しているところが魅力的だと思う。

単に「スタンダードとしてよくできている」からではなく、「ドキドキワクワクする感」でもより積極的に愛される存在へ・・・ゴルフ8はフォルクスワーゲン車全般に広がりつつある変革を、象徴する存在でもあるのかもしれない。(文:Motor Magazine編集部 神原 久)

フォルクスワーゲン ゴルフ eTSI アクティブ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4295×1790×1475mm
●ホイールベース:2620mm
●車両重量:1310kg
●エンジン:直3 DOHCターボ+モーター
●排気量:999cc
●最高出力:81kW(110ps)/5500rpm
●最大トルク:200Nm/2000-3000rpm
●モーター最高出力:9.4kW(13ps)
●モーター最大トルク:62Nm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・47L
●WLTCモード燃費:18.6km/L
●タイヤサイズ:205/55R16
●車両価格:312万5000円

[ アルバム : 【試乗】新型ゴルフeTSI アクティブ はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します