サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツOEM車販売好調でトヨタディーラーマンはホクホク!? メーカー違いの新車にお客さんは混乱しないのか?

ここから本文です

ダイハツOEM車販売好調でトヨタディーラーマンはホクホク!? メーカー違いの新車にお客さんは混乱しないのか?

 2021年、乗用車ブランド通称名順位でトップとなったのはヤリス(212,927台)だ。次点にルーミー(134,801台)、3位にカローラ(110,865台)が続く。

 ヤリスとカローラがシリーズ合計での販売台数なのに対し、ルーミーは単独車種で約13万台もの販売を記録した。ライズも好調に売れ続けており、トヨタブランドにおける、ダイハツOEMの存在は、非常に大きなものとなっている。

ダイハツOEM車販売好調でトヨタディーラーマンはホクホク!? メーカー違いの新車にお客さんは混乱しないのか?

 今やトヨタ販売の一翼を担うダイハツOEMを、トヨタディーラーではどのように思っているのか。またユーザーとの間に混乱などは起きていないのかを取材してきた。トヨタディーラーにおけるOEMの今を考える。

文/佐々木 亘、写真/Toyota、ベストカー編集部

■爆売れし続けるルーミーとライズ

ダイハツ トールのOEM車であるトヨタ ルーミー。首位ヤリスがシリーズ合計販売台数なのに対し、ルーミーは単独車種で2位の販売を記録する「裏トップ」だ

 最近の新車販売台数を見ていこう。2022年3月、普通乗用車における販売台数は、1位ルーミー(16,976台)、2位ライズ(11,612台)となり、トヨタブランドでは5位にヤリスクロス(9,720台)と続く。ワンツーフィニッシュとなった、ルーミー/ライズの勢力は、年々拡大してきた。

 ルーミーはダイハツトールの、ライズはダイハツロッキーのOEMだ。(正確には、ライズは共同開発車。)爆発的な販売台数を挙げ始めたのは2019年~2020年頃からである。

 両者の際立った個性は、車両本体価格の安さだ。ライズはトヨタSUVラインナップの中で最廉価のモデルとなっている。ルーミーもパッソやヤリスと比べれば高いが、アクアやカローラスポーツよりも廉価で、手を伸ばしやすいクルマだ。

 トヨタエンブレムが付けられ、品質はお墨付きとなれば、販売台数上位も必然だろう。さらに、日本一のトヨタ販売網が、販売を大きく後押ししている。

 クルマが売れていくことは喜ばしいことだが、OEM車がこれだけ販売台数を伸ばしている現状を、トヨタ販売店はどう見ているのだろうか。

■当初は戸惑った営業マン、名称や機能の違いは今でも不安になる

1990年代からコンパクトモデルを中心にダイハツOEMを取り扱っているトヨタ。写真のデュエットはダイハツ ストーリアのOEMモデルだ

 トヨタがダイハツOEMを取扱い始めたのは、ここ数年の事ではない。1990年代にはデュエット(ダイハツストーリア)やラッシュ(ダイハツビーゴ)、パッソ(ダイハツブーン)など、コンパクトモデルを中心に販売を続けており、販売店での定着度も高まっている。

 それでも、当時のOEMは、今のルーミーやライズほどの売れていたわけではなく、たまに販売するクルマ程度にしか考えていなかったと、トヨタ営業マンは話してくれた。

 しかし、近年のように、販売好調なライズ、そしてルーミーの人気が高まると、初めのうちは取り扱いに困惑することもあったようだ。

 例えば、機能性の違いやその名称が、トヨタ車とOEM(共同開発車を含む)では、大きく異なる。先進の予防安全パッケージの事を、トヨタでは「トヨタセーフティセンス」と呼ぶが、OEM車両ではダイハツ名の「スマートアシスト」と呼ばなければならない。

 予防安全技術として、大まかには同様の機能だが細部は異なる。ユーザーからも、「このクルマはトヨタセーフティセンスだけど、ライズはスマートアシストとなっている。どう違うのか」という質問は、ライズ販売当初、非常に多かったという。

 それでも売り慣れていけば、違いは気にならなくなり、トヨタ・ダイハツ双方の良い技術を、しっかりと説明しながら理解を得られるようになっていった、とも話してくれた。

 売れ行き好調なライズとルーミーは、営業マンの成績向上にも大きく寄与してきた。初めは違和感の塊だったダイハツOEMも、今は欠かすことのできないトヨタラインナップの一つとなっているのだろう。

■販売利益はヤリスシリーズと同等? 納期も短くトヨタ販売を支える柱の2台

ダイハツ ロッキーとトヨタ ライズ。小型車づくりのノウハウを多く持つダイハツの生産ラインで組み立てられている

 新車納期が長引くトヨタラインナップの中で、ルーミーは1~2か月程度、ライズでも3~4か月程度で工場出荷されている。納期が半年から1年を超えているトヨタ車は多く、ルーミー・ライズの納期の短さは、トヨタ販売店の利益を支える原動力だ。

 ライズ・ルーミーは、トヨタではなくダイハツの生産ラインを使用し組み立てられている。小型車づくりのノウハウは、ダイハツの方が多く持ち合わせており、安心して生産を任せられる体制だ。

 そして、ダイハツ生産だからといって、ディーラーマージン(販売利益)が極端に少ないというわけでもないのが、さらに良いところ。

 その収益は、同価格帯のヤリスやヤリスクロスなどと、大差ない。販売から早期の登録ができ、利益も十分なライズ・ルーミーは、今のトヨタディーラーを下支えする強固な土台となった。

 それぞれの長所を生かしながら、規模を拡大していくトヨタとダイハツのOEM関係。販売現場やユーザーにもしっかりと浸透し、OEMや共同開発という点を気にしなくてもいい程度まで馴染んでいる。

 今後は、さらに浸透を深めるため、機能や技術の名称などを統一できれば、なおいいだろう。今後もトヨタ・ダイハツ連合の勢いは加速し続けていくはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら