サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1撤退報道を受け、親会社ダイムラーが声明。アストンマーティンへの売却およびウォルフ代表辞任説を否定

ここから本文です
 ダイムラーがメルセデスF1チームをアストンマーティンのオーナー、ローレンス・ストロールに売却する計画を進めているという報道がなされたが、ダイムラーはそれを否定する声明を発表した。

『Auto Bild』と『F1insider.com』は、5月28日の記事で、チーム代表トト・ウォルフが2020年末の契約満了に伴いそのポジションから退くと伝えた。ウォルフは現在保有するメルセデスチームの株式30パーセントを維持、親しい友人であるストロールはダイムラーからメルセデスチームの株式を取得して、チームの買収を行う計画であるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ