サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 全長5.1m超!VW史上最大のクロスオーバーSUV『SMV』をスクープ

ここから本文です
VWの新型スーパサイズ・クロスオーバーSUV『SMV』の市販型プロトタイプを、豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えた。

SMVは、中国の合併会社「一汽フォルクスワーゲン」により開発され、2019年4月の上海モーターショーでコンセプトモデルとして初公開された。「MQB」プラットフォームを採用し、全長201インチ(5100mm)というスーパサイズを特徴としており、同社のフラッグシップSUV『トゥアレグ』の4878mmをも上回るVW史上最大のクロスオーバーSUVとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ