サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 全長5.1m超!VW史上最大のクロスオーバーSUV『SMV』をスクープ

ここから本文です

全長5.1m超!VW史上最大のクロスオーバーSUV『SMV』をスクープ

VWの新型スーパサイズ・クロスオーバーSUV『SMV』の市販型プロトタイプを、豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えた。

SMVは、中国の合併会社「一汽フォルクスワーゲン」により開発され、2019年4月の上海モーターショーでコンセプトモデルとして初公開された。「MQB」プラットフォームを採用し、全長201インチ(5100mm)というスーパサイズを特徴としており、同社のフラッグシップSUV『トゥアレグ』の4878mmをも上回るVW史上最大のクロスオーバーSUVとなる。

カモフラージュが厳重なためディテールは不明だが、グリルのセンターに太いバーやコンパクトなコーナーエアインテークが見られる。専用のデザインが多く取り入れられているほか、コンセプトモデルで見られたリアのLEDストリップも採用されない可能性がありそうだ。

コンセプトモデルではキャビン内が隠されていたが、このサイズから3列7人乗りである可能性は濃厚だ。コックピットは布で覆われているが、大型のインフォテイメントシステム、デジタルインストルメントクラスタを搭載、フラットボトム・ステアリングホイール、コンパクトなギアセレクター、フローティング・センターコンソールが採用されると予想される。

またシート、ダッシュボードにはアルカンターラを使用するなど高級感を感じさせるインテリアとなりそうだ。

市販型のパワートレインは、最高出力295ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒エンジンのほか、2.5リットルVR6ターボの「Teramont」エンジンの設定も噂されている。トランスミッションは7速DCTで駆動方式は全輪駆動のみと思われる。

市販型のワールドプレミアは、最速で4月の上海モーターショー、あるいは2020年後半と予想され、2021年末までに中国市場で販売開始となりそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します