サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ、シュタイアーマルクGPで使うノーズは新型? 旧型? マシンの性能には自信「メルセデスと戦える」

ここから本文です
 レッドブル・ホンダは、レッドブルリンクで開催されたF1開幕戦オーストリアGPに、アップデート版のノーズを持ち込んだ。このノーズは、チームが伝統的に使ってきたノーズ側面にフロントウイングステーを設けるタイプではなく、ノーズ下にステーを設けたモノだ。これによりステーの間隔が縮まり、さらにノーズ先端開口部のデザインの自由度が向上する。

 ただチームはこの新型ノーズをマックス・フェルスタッペンが使う分しか用意できず、チームメイトのアレクサンダー・アルボンは従来のデザインのノーズを使った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン