サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新型コロナウイルスの脅威が続く中、開幕に向け対応を迫られる各チーム……「スタッフの安全確保が最優先」とウイリアムズ副代表

ここから本文です
 『COVID-19』と呼ばれる新型コロナウイルスは、今や中国や日本のみならず、世界中で猛威をふるっている。そんな中でF1は、3月15日に開幕戦オーストラリアGPを控えており、開幕まで約2週間という状況だ。

 バーレーン・インターナショナル・サーキットでは3月1日からFIA F2、FIA F3の公式テストがスタートするが、イタリアを拠点とするプレマ・レーシングはスタッフが渡航プランの変更を余儀無くされたために、スタッフの到着が遅れている。また、ARTからF2に参戦するクリスチャン・ルンガーは、滞在先でコロナウイルスの感染者が確認されたために隔離措置となり、テスト不参加となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ