サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 人種差別への抗議を示すため、F1ドライバー全員が開幕戦オーストリアのグリッドで片膝をつくことを検討

ここから本文です
 現在世界中で人種差別に対する抗議活動が起こっている中、2020年シーズン開幕を目前に控えたF1も『We Race as One』と名付けられたキャンペーンを立ち上げ、多様性の向上を目標に掲げている。またメルセデスは、今季のマシンカラーリングを銀から黒に変更し、人種差別と戦う意志を示した。

 マクラーレンのランド・ノリスによると、F1ドライバーたちは反人種差別運動に関して団結する意志を見せるために、開幕戦オーストリアGPのグリッドで片膝をつくことについて議論しているようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ