サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 60年超の歴史を誇る「軽自動車規格」 ボディサイズ&排気量の拡大を迫られた理由とは

ここから本文です
ボディサイズ14%増し、排気量はなんと8割増

 国民の誰もが手にできる車両、という思惑で通産省(現経産省)が提唱した「国民車構想」だった。しかし、これとは別により現実的な枠組で考え出されたのが日本独自の車両規格、「軽自動車」だ。発端は1949年まで遡るが、その後車両規格は毎年流動的に変化し、1954年にエンジンは4サイクルと2サイクルとも排気量は360ccまで、車体サイズは全長3000ミリ、全幅1300ミリ、全高2000ミリまでという枠組が決定。以来、現在までの66年間で3度も規格変更を行ない、ボディサイズおよび搭載エンジンの排気量は拡大していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ