サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 総合4番手につけたトヨタのオジエ「もう少しリスクを負って、思いきり走るべきだった」/2020WRC第2戦スウェーデン デイ1後コメント

ここから本文です

総合4番手につけたトヨタのオジエ「もう少しリスクを負って、思いきり走るべきだった」/2020WRC第2戦スウェーデン デイ1後コメント

総合4番手につけたトヨタのオジエ「もう少しリスクを負って、思いきり走るべきだった」/2020WRC第2戦スウェーデン デイ1後コメント

 2月14日にSS2~4、8の4SSが行われて、競技初日を迎えた2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデン。走行を終えた各ドライバーからコメントが発表されている。

■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT
●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ1総合6番手

【順位結果】2020WRC第2戦スウェーデン SS8後

「今日は走行順が1番手だったからトリッキーな状況だったが、ミスもせず、トラブルもなく走行できた。総合順位には不満だが、自分たちの走りと出せたスピードには満足している。これ以上のことはできなかった」

「最初のステージはとても順調だったが、続く2ステージはよりトリッキーになることが分かっていた。午前中は氷の層が薄く、ところどころでグラベルが露出していたから、後発のクルマはよりグリップを得ることができただろう」

「このラリーはとても短いから、大きくタイムを挽回することはできないだろう。でも、明日いい結果を手にできるようハードに攻め続ける」

●オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ1総合2番手
「順調な1日だった。コンディションはレッキ(事前の下見走行)のときと、とてもよく似ていたから、どのような状況に直面するか分かっていたんだ」

「スタートはそれほど悪くなかったよ。特に最初のステージ(SS2)のグラベルセクションでは、実際のところ、とてもうまくいった。マシン自体の感触はよかったけれど、路面が凍結している区間ではあまり自身を持てなかった」

「午前中最後のステージ(SS4)は、少々厳しいものになったね。事前にテストができたのは1日だけだったので、完全な自信を持つことができなかったが、自信は徐々についてくるものだ」

「初日を完走できたことに満足しているよ。これから今日学んだことをすべて分析して、明日はもう少しスピードアップすることを目指す」

●クレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC)/デイ1総合7番手

「WRカーをまた走らせることができるのは素晴らしいことだ。(最後にWRカーをドライブした2019年の)ラリーGBから随分時間が経っているからね」

「今回は過去数年で経験したラリー・スウェーデンとは違った大会になっている。はるかに短いイベントになっていて、走るはずだった距離が大幅に短くなっているんだ」

「走行を重ねるにつれて、自信をつけていくことができた。余裕を持てるようになるまでに、いつも1~2ステージかかるものなんだ。つねにWRカーに乗っている他のドライバーと戦っていて、スタートから全開でいくのは難しいものだ」

「ラリーをとても楽しめたし、1kmごとに自分が強くなっていくのを感じたよ。明日はさらに良い結果を出すことは難しいだろう。でも僕たちは確実に挑戦していく」
■TOYOTA GAZOO Racing WRT
●セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ1総合4番手

「ステージは通常のウインターコンディションに近く、悪くなかったと思う。いくつかのセクションではグリップが十分にあり、走りを楽しむことができた」

「自分としては決して悪くない1日だったと思うが、チームメイトが活躍したことにより、もっと速く走れることが証明された」

「2番目という出走順が簡単ではなかったことは確かだが、我々のスピードがやや不足していたのは、それだけが原因ではない」

「もう少しだけリスクを負って、思いきり走るべきだったと思う。物事を長期的に考えることは重要だが、このラリーで可能な限り多くのポイントを獲得したいと考えているんだ」

「明日に向けてクルマのセットアップを少し変更し、ペースの改善に努めるよ」

●エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ1総合首位

「とてもいい1日だった。クルマのフィーリングは朝のステージからよく、路面のグリップも非常に高かったが、タイヤの摩耗が進んでしまいそうな気がして、どれくらいハードに攻めていいのか、正確に見極めることは簡単ではなかった」

「今日は、速く走ろうとしながらも、比較的スムーズなドライビングを心がけたのが良かったようだ」

「明日は、今日以上の走りをしたいと思うけれど、コンディションがどうなるのかは誰も分からないから、いかなる状況に遭遇しても対応できるようにする必要がある」

「今日はすべてがうまくいったから、クルマを大きく変える必要はないと思うけれど、それでも走行データをチェックして、さらなるタイムアップを目指すよ」

●カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)/デイ1総合3番手

「路面コンディションはみんなが予想していたよりも良好で、いい1日になった。路面には十分なアイスと雪があり、タイヤも高いグリップ状態が長く続いた」

「朝のステージはとてもうまく走れたし、スピードもあったと思う。いくつかミスをしたが、今はつねにクルマを学んでいる段階。最後のステージに関してはエンジンをストールさせてしまい、タイムを大きく失ったから残念ではあるけれど、明日は失ったタイムを取り戻したいと思う」

「もし、今晩雪が降ったとしたら、路面コンディションは大きく変わるから、どうなるのか様子を見るつもりだ」
■Mスポーツ・フォードWRT
●エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)/デイ1総合5番手

「僕たちにとって、とても安定した1日だった。先頭集団に追いつけなかったことには少し苛立ったが、彼らを除いた集団のなかではトップにつけているし、満足だ」

「本当に全力を尽くしていたけれど、すでに2度溝にはまっていて、そのために数秒を失ってしまった。でもまだ改善できると感じている。セットアップにいくつか小さな変更を加えることができたら、ペースはよくなると思う」

「明日はまた新しい1日で、戦いはまだ終わっていない。最後までプッシュを続けていく」

●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)/デイ1総合8番手

「今日のコンディションは非常に厳しいものだった。グラベルが多く露出していて、グリップレベルを見極めるのがとても難しかったんだ」

「最初のセクションでは望むようなペースを出すことができなかった。その点について取り組む必要があることは分かっている。でも低速セクションではペースはかなりよかったよ。明日もプッシュを続けていく」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します