サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「GRヤリス」もビックリの怪物とは!? 超ド級のコンパクトカー5選

ここから本文です

「GRヤリス」もビックリの怪物とは!? 超ド級のコンパクトカー5選

■型破りなとんでもないコンパクトカーがあった!

 2020年1月にトヨタから、272馬力を絞り出す1.6リッターエンジンを搭載した高性能コンパクトカーの「GRヤリス」が発表され、大いに話題となります。

350馬力の「マツダ3」発表! 見るからに早そうなモンスターマシンとは

 しかし、かつて現在では考えられないような、さらに驚くべきコンパクトカーが存在しました。

 そこで、現実離れしたモンスター級のコンパクトカーを5車種ピックアップして紹介します。

●ルノー「5ターボ」

 現在のルノーラインナップでは「トゥインゴ」がもっともコンパクトなモデルですが、かつては「5(サンク)」が、そのポジションを担っていました。

 この5をベースとして、世界ラリー選手権(WRC)に参戦するために開発されたのが「5ターボ」です。

 5ターボは1980年に発売され、エンジンを後席部分に縦置きに配置し、リアタイヤを駆動する2シーターカーに作り変えられていました。

 搭載されたエンジンは1.4リッター直列4気筒OHVにターボが装着され、市販モデルで最高出力160馬力を発揮。

 さらに、外観も大きく張り出したオーバーフェンダーで、とても大衆車をベースしたとは思えないほど強烈なオーラを放っています。

 初期のモデルでは、内装の色使いやデザインが非常に秀逸で、モータースポーツベース車とは思えないほどアヴァンギャルドなクルマに仕立てられていました。

●プジョー「205ターボ16」

 1983年に登場したコンパクトハッチバックのプジョー「205」は、1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載したFFで、フランス車らしい優れたデザインで日本でも話題となったモデルです。

 国内には1986年から正規輸入が開始され、スポーティな「205 GTI」がとくに人気となりました。

 そして、1984年にはWRCへの参戦を目的したモータースポーツベース車(グループB車両)の、「205ターボ16」が登場します。

 WRCでアウディ「クワトロ」が快進撃を続けていたなか、フロントエンジンでは4WDであってもコーナーリング性能に限界があると考えたプジョーは、205を4WDにするだけでなくエンジンをリアミッドシップに搭載。

 1.8リッター直列4気筒ターボエンジンは、市販モデルでは最高出力202馬力と控えめでしたが、ラリー車両は540馬力を誇りました。

 205ターボ16の外観は、シルエットこそ205をイメージしていましたが外装にFRPを多用し、張り出したフェンダーや大型のエアロパーツなどで、一見して戦闘マシンであることをアピールしています。

●ランチア「デルタS4」

 1979年にデビューしたランチア「デルタ」は、スタイリッシュな5ドアハッチバックで、FFレイアウトのコンパクトカーでした。

 そして1985年に、フィアットグループはWRCのグループB車両として「デルタS4」を開発。デルタを名乗っていましたが、市販のデルタとはまったく異なるシャシとボディとなっています。

 搭載されたエンジンは1.8リッター直列4気筒で、高回転域ではターボチャージャーで過給し、低回転域やスロットルオフからの加速時はアバルト製スーパーチャージャーで過給する、ツインチャージャーを採用。これをリアミッドシップに縦置きにマウントするフルタイム4WDとなっていました。

 なお、市販モデルの最高出力は250馬力でしたが、ワークス車両では500馬力以上を発揮したといいます。

 デルタS4がWRCに参戦すると、圧倒的な強さを誇りました。しかし、1986年のWRC第5戦「ツール・ド・コルス」で、オーバースピードによりコースアウトしたデルタS4が崖下に転落し炎上。

 ランチアのエースドライバーだったヘンリ・トイヴォネンと、コドライバーの両名が死亡するという、痛ましい事故が起き、直近のレースでも重大事故が多発していたため、グループBは危険すぎると判断されて1986年シーズンをもって終了しました。

■かわいい見た目の過激なモデルとは!?

●ルノー「クリオV6ルノースポール」

 1990年に発売されたルノー「クリオ」は5(サンク)の実質的な後継車としてデビューした、オーソドックスな3ドアと5ドアハッチバックのコンパクトカーです。なお、日本では商標の関係から「ルーテシア」の車名で現在も販売されています。

 そして、1998年に2代目クリオが発売されると、2001年にはクリオをベースにリアミッドシップに230馬力を発揮する3リッターV型6気筒自然吸気エンジンを横置きに搭載した「クリオV6ルノースポール」が登場します。

 クリオV6ルノースポールはキャビンの後半部分がエンジンルームとなっており、まさに5ターボと同じ構成です。

 外装はクリオのイメージを残しつつも、大きく張り出した前後のフェンダーによって迫力あるフォルムを実現。なお、クリオと共有するパーツはほとんどありませんでした。

 2003年にはクリオのマイナーチェンジとともにフロントフェイスを一新し、日本にも「ルーテシア ルノースポールV6」として正規輸入されました。当時の価格は588万円(消費税5%込)です。

●アバルト「695 ビポスト」

 1950年代から1960年代にフィアットのクルマを高度にチューニングし、レースで活躍することで名を馳せたアバルトは、市販車のチューニングも手がけました。

 後にフィアットグループの傘下となり、いまも同社のスポーツカーブランドとして市販車を販売しています。

 アバルトが手がけたクルマでもっとも有名なのが、大衆車のフィアット「NUOVA 500」をベースとしたモデルで、現行型の500でもアバルトモデルをラインナップ。

 なかでも2015年に販売されたアバルト「695ビポスト」は、過激なモデルとして話題となりました。

 500をベースに2シーター化し、搭載されたエンジンは1.4リッター直列4気筒ターボで、最高出力190馬力と2リッターエンジンに迫るパワーとなっています。

 695ビポストには標準仕様とフルスペック仕様の2種類の仕様が用意され、フルスペック仕様ではサーキット走行用に開発されたレース用トランスミッションである「ドグリングトランスミッション」採用。

 ほかにも、サイドウインドウをプラスチックの固定式に変更し、アルミ製ボンネットやチタン製ホイールボルトなどの採用と、エアコンレスとすることで軽量化をおこなっています。

 フルスペック仕様の日本での価格(消費税8%込)は845万6400円、標準仕様は599万4000円でした。

※ ※ ※

 1980年代に登場したグループBカーは常軌を逸したモンスターマシンばかりで、前述にあるようにラリーでは事故が多発しました。

 それを受けて、より市販車に近いグループA車両で戦うことになり、現在はWRカーがトップカテゴリーです。

 最新のWRカーでは、かつてのグループB車両に近い出力ながら、技術の進歩により安全性は飛躍的に向上しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します