サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > バカ売れ必至の軽クロスオーバーSUVコンセプトは年央に発売も! 遊びゴコロ全開のダイハツブース【東京オートサロン2020】

ここから本文です

バカ売れ必至の軽クロスオーバーSUVコンセプトは年央に発売も! 遊びゴコロ全開のダイハツブース【東京オートサロン2020】

 クルマの仕組みがわかる「エンジン組み立てチャレンジ」も開催

 2020年1月10日(金)~12日(日)まで開催されているカスタムカーイベントの東京オートサロン。ダイハツブースでは「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、軽クロスオーバーの「TAFTコンセプト」をはじめとする個性的なモデルを多数展示している。

【単なる顔違いじゃない!】見た目やメーカーだけで選ぶべからずのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズの違い

 TAFTコンセプトは「Tough & Almighty Fun Tool」の頭文字を取って車名とした。日常からレジャーまで多方面に活躍できる相棒をイメージしたモデルだ。タフに使い倒せるデザインとスクエア型のボディによって、「遊び道具」感のあるデザインに仕上げられている。東京モーターショーで参考出品した軽SUVコンセプト「WakuWaku」の延長モデルといった位置付けだという。乗員定員は4人。

 ボディはグリーン系の新色を採用し、自然のなかにも溶け込む色合い。エクステリアには樹脂パーツがふんだんに使用され、SUVらしいタフな印象を受ける。前席と後席で大胆にイメージを変えているのも大きなポイントだ。前席はホールド性のあるバケット風のシートに、後席のシートは荷室としても活用できるよう倒してフラットに使えるよう工夫した。前席の天井部分には解放感あふれるグラスルーフを用意。インパネにはグレーを基調にオレンジのパーツを合わせ、精悍でおしゃれなデザインに仕上げている。

 なんと、TAFTコンセプトは今年の半ばに発売する予定だというので、ぜひ注目してほしい。

 また、ひときわ来場者の目を引いていたのが、「タントカスタム MARVELスパイダーマンVer.」だ。ボディはアメコミ風にデザインされたスパイダーマンがボディ全面にプリントされたフルラッピング仕様となっている。内装にはシートカバーやハンドルカバー、シートベルトに、スパイダーマンをイメージした専用カラーのパーツを装着しており、大人から子どもまでスパイダーマンファン垂涎の1台に仕上げた。ブースでは、このモデルに使用されているものとは異なるスパイダーマンやMARVELとのコラボグッズなども販売している。シートカバーやステッカーなどのコラボ商品も企画中とのことだ。

 ほかにも、家族のための頼れるアクティブギア「タント CROSS FIELD Ver.」や精悍なブラックをふんだんに使用した圧倒的な存在感を放つ「タントカスタム Premium Ver.」、雑誌「ピークス」とコラボした遊べるオーバーランダー「ハイゼットトラック PEAKS Ver.」、音楽とともに街を彩るサイバートラック「ハイゼットトラックDJ Ver.」、スポーティな味付けを施した人気のコンパクトSUV「ロッキー Sporty Style」、よりスポーティな走りを極めた「コペンGRスポーツ カスタマイズVer.」なども展示している。

 さらに、ブース内には小学1年生から18歳までを対象にした「エンジン組み立てチャレンジ」を用意。エンジンのピストン取り付け作業をダイハツのエンジニアと一緒に行い、エンジンの仕組みを知ってもらうことを目的に実施している。クルマが動く仕組みも学べるダイハツブースにぜひとも足を運んでもらいたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します