サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型ランクルが8月登場なのに900万円オーバーも 現行ランクル200中古車高騰のなぜ?

ここから本文です

 歴代モデルが、「値落ちしにくいクルマ」として日本だけでなく世界でも抜群の人気を誇るトヨタランドクルーザー。

 すでにインターネット上には新型の外観写真などが流出しているが、2021年6月9日20時30分(日本時間6月10日2時30分)に中東トヨタが新型ランドクルーザーを発表。

販売台数はアルファードの10分の1以下!! それでもヴェルファイアを1グレードだけ残す理由は?

 日本では2021年8月末にフルモデルチェンジを予定しており、2007年9月に登場した200系と呼ばれた現行ランドクルーザーが、約14年振りに世代交代を行うのだ。

 しかし、そんな状況のなかにあって、現行ランドクルーザー200の中古車が高騰している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン