サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ、10月も国内5工場で生産調整…新型コロナによる部品供給不足で

ここから本文です

ダイハツ工業は9月21日、東南アジアでの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大に伴う部品供給不足により生産調整が続く、国内完成車工場の10月の稼働停止日程を発表した。

ダイハツは8月23日より国内4工場(滋賀第2、本社、京都、ダイハツ九州 大分第2)の生産稼働を調整。4工場、延べ45日間の稼働が停止し、ダイハツ11車種、OEM供給しているトヨタ5車種、スバル4車種が影響を受けている。

10月はダイハツ九州 大分第1工場を加えた国内全4拠点5工場で延べ21日間、稼働を停止。

おすすめのニュース

サイトトップへ