サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「走る歓び、こだわりのエンジン車」ライバルの一歩先を行く選択。2気筒ターボを積むフィアット500の鼓動感がたまらない!

ここから本文です

最新500も往年モデルと同様に2気筒を設定。走りは個性たっぷり、深い味わい

 いまやコンパクトカーは、軽自動車を含め直列3気筒が主流である。環境性能向上のためのダウンサイジングを進めるうえで、最も効率に優れるのがこのレイアウトなのだろう。
 だが、フィアットは、さらにその先に踏み込んでいる。875ccの直列2気筒ターボ、ツインエアを開発。500とパンダに搭載した。エコとパワーの高次元マッチングを目指したフィアットの手腕は見事だ。

フィアット500がグレード展開を刷新。合わせて機能装備の拡充も実施

 実は、フィアットにとって2気筒はツインエアが初ではない。1957年にデビューした1st・500も2気筒だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ