現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表

ここから本文です

【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表

掲載 6
【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表

 2024年5月28日、トヨタ、マツダ、スバルは都内で3社合同会見を実施。「エンジン開発を諦めない」という3社は昨年から情報交換を進め(「困りごと」を共有しているそう)、それぞれが現在開発中の技術を本日、広く公開することで合意したという。スバルは水平対向エンジン、マツダはロータリーエンジンの開発続行を宣言したが、トヨタも「次期主力エンジン」を公開。1.5L(NA)、1.5L(ターボ)、2L(ターボ)の3種で、これにモーターを組み合わせることで(HEVとPHEV)多くの主要市場における車種をカバーできるという。驚きの内容を速報ベースでお伝えします。

文:ベストカーWeb編集部/画像:トヨタ、ベストカーWeb編集部

【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表

■「開発現場ではバチバチにやりあってますから」

「敵は炭素、エンジンを諦めない、(豊田章男)会長のこの言葉に奮起して、エンジニアたちの心に火がつきました」

 登壇したトヨタ自動車の中嶋裕樹(技術・商品担当)取締役副社長・CTOは上記のように、新エンジン開発の契機を語った。

 中嶋副社長によれば、トヨタが開発を進めているエンジンは3車種。本記事冒頭で述べたとおり、1.5L(NA)と1.5L(ターボ)、それに2L(ターボ)。いずれも同クラスの従来型エンジンより体積も全高も10%ほど小さく、かつ高出力・高燃費を達成。予定されている欧州や北米の排ガス規制(ユーロ7等)をクリアできるレベルだという。マジか。他メーカーが軒並み諦めたユーロ7クリアも、トヨタは内燃機関で達成する、と。

新開発2Lターボエンジンを披露するトヨタ中嶋副社長。赤いヘッドスポーツマインドを刺激する

 この新エンジンの要点は2つ。ひとつめは(従来の省燃費・高効率エンジンは3気筒+ロングストロークで燃焼効率を上げていたが)新型エンジンは4気筒+ショートストローク化に成功し、小型化できたこと。これにより車両デザインの自由度が上がり、ボディ形状で燃費を稼ぐことも、また(HEVやPHEVで組み合わせる)モーターやバッテリーの搭載位置も選択肢が広まったこと。

 ふたつめは高効率化により、触媒に使うレアアースの使用量を減らせること。これにより調達の難易度を下げ、価格も抑えることができるという。

 上記にさらっと書いたが、1.5LのNAから2Lターボまで用意しているということは、ヤリス級のコンパクトカーからカローラクロスやRAV4などのミドルクラスSUV、さらに大きいアルファード級のミニバンまですべてこのラインアップで賄える計算になる。

会場に置かれた新型1.5Lの4気筒エンジン。小ささに驚くし、すでにHEV/PHEV用のトランスアクスルと組み合わされて展示されていた

 さらに中嶋副社長は会見で「2Lターボエンジンは従来の2.4Lターボエンジンよりも高効率・高出力・高燃費を達成できる見込みで、北米市場で我々の主力商品となっているピックアップトラックや、スポーツモデルにも対応できる」とめちゃくちゃ大事なフレーズも漏らした。スポーツモデル!! ベストカーが少し前からガンガン報じている「次期セリカ(4気筒2Lターボ搭載)」がまさにこの「スポーツモデル」ではないですか。

ベストカースクープ班が開発を進めている、と報じた次期セリカ。すみません、本企画担当編集部員は正直いって話半分だな…と思っておりました。まさかこんなかたちで伏線回収とは……参りました

 もちろん刺激的なスポーツモデルの開発も楽しみだが、環境方面だってこの新技術があれば可能性は大きく広がる。

 トヨタによると、このエンジンを最も高効率用に振るならモーターと組み合わせてPHEVとし、EV走行距離200km程度まで賄える仕様も可能だという。そうなると日常使いはすべて電気走行のみ、遠出の時だけ(効率的に)エンジンを回す、という使い方もできる(どのエンジンにどの程度のモーター&バッテリーを組み合わせるかで、世界中の商品ラインアップに対応できるそう)。

 それでも(世界で最も厳しい規制であるユーロ7をクリアできるレベルだが)CO2は排出するので、同時にカーボンニュートラル燃料(合成燃料やバイオ燃料)の開発と既存エンジンへの対応も進めるというから、トヨタ、隙がまったく見当たらない。

左からスバル大崎社長、トヨタ佐藤社長、マツダ毛籠社長。「エンジンを諦めない」という掛け声で集まった3社の歴史的な会見となった

「3社で困りごとを共有して、ともに進み、エンジンの未来を諦めないと宣言しましたが、開発競争はバチバチにやりあってますから」

 と語るトヨタ中嶋副社長。スバルの次期水平対向エンジンやマツダの次期ロータリーエンジンの開発開始も嬉しいニュースだが、確実に生活を支える「土台」となる普及層向けのエンジンはしっかりトヨタがシェアをごそっと獲りそうな勢いで、恐るべし……としか言いようがない。

【画像ギャラリー】トヨタ、三社合同技術ミーティングで衝撃の新エンジン技術を公開(15枚)

投稿 【衝撃】次期セリカ用???トヨタ新エンジン3種お披露目 最高スペック2Lターボ発表 は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

トヨタは[ガソリンエンジン]も作る! 新型[アルファード]にも期待大!! 新世代エンジン搭載車たち
トヨタは[ガソリンエンジン]も作る! 新型[アルファード]にも期待大!! 新世代エンジン搭載車たち
ベストカーWeb
ついに見えた全貌!! 新型[フォレスター]は2.5Lトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載で日本登場へ
ついに見えた全貌!! 新型[フォレスター]は2.5Lトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載で日本登場へ
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
ベストカーWeb
確定情報入手!! [クロストレック]のトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載モデルがついに8月登場
確定情報入手!! [クロストレック]のトヨタ製[ストロングハイブリッド]搭載モデルがついに8月登場
ベストカーWeb
「樹脂部品もバッテリーも取っちまえ!」スズキ社長大胆発言がすげー アルトが100kgの軽量化に挑む!! まさかの車重500kg台ってマジなんですか!!!!!
「樹脂部品もバッテリーも取っちまえ!」スズキ社長大胆発言がすげー アルトが100kgの軽量化に挑む!! まさかの車重500kg台ってマジなんですか!!!!!
ベストカーWeb
トヨタ・スバル・マツダが「エンジン」の重要性を語る! クルマ好きなら知っておくべき「マルチパスウェイ」の中身
トヨタ・スバル・マツダが「エンジン」の重要性を語る! クルマ好きなら知っておくべき「マルチパスウェイ」の中身
WEB CARTOP
Cクラスと3シリーズ待ってろよ! A4からA5となりセダン廃止! アウディ主力モデルが9年ぶりの渾身フルチェンジ!
Cクラスと3シリーズ待ってろよ! A4からA5となりセダン廃止! アウディ主力モデルが9年ぶりの渾身フルチェンジ!
ベストカーWeb
新型アルト500kg台なら新型アルトワークス激早!?!? 電動化もしなきゃなのにスズキの意地スゴ!!
新型アルト500kg台なら新型アルトワークス激早!?!? 電動化もしなきゃなのにスズキの意地スゴ!!
ベストカーWeb
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
くるまのニュース
[中は大を兼ねる!!]扱いやすくて見た目も立派!! だったらSUVはミドルサイズで決まりでしょ!
[中は大を兼ねる!!]扱いやすくて見た目も立派!! だったらSUVはミドルサイズで決まりでしょ!
ベストカーWeb
故障やエンジン、ミッションに足回り 塗装…… プロが語ったプロだからわかる意外な評価
故障やエンジン、ミッションに足回り 塗装…… プロが語ったプロだからわかる意外な評価
ベストカーWeb
クルマ好きは2031年にEVを買え!! 国産スポーツカー乗りも納得の買い替え方を一挙に
クルマ好きは2031年にEVを買え!! 国産スポーツカー乗りも納得の買い替え方を一挙に
ベストカーWeb
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
登場から6年[レクサスES]は色褪せず!? セダン不人気時代に[アコード]の逆転劇はあるのか!?
ベストカーWeb
[アルピーヌ110]がMT固執概念を覆すってマジ?! ATでも全然楽しめるクルマを一挙に
[アルピーヌ110]がMT固執概念を覆すってマジ?! ATでも全然楽しめるクルマを一挙に
ベストカーWeb
LSとNXの試作車に乗って驚いた!! レクサスの走りが劇的に変わる! 欧州車との違いはプラットフォームにあった
LSとNXの試作車に乗って驚いた!! レクサスの走りが劇的に変わる! 欧州車との違いはプラットフォームにあった
ベストカーWeb
先行限定販売で話題沸騰のレクサス[GX]! ランクル250超えで2024年秋に通常販売開始!
先行限定販売で話題沸騰のレクサス[GX]! ランクル250超えで2024年秋に通常販売開始!
ベストカーWeb
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • けいのじ
    ベストカーさん、5年くらい前にスクープした新型セリカはどうなってるんですか?
    雑誌の表紙にもしてましたよね?
  • hir********
    まぁ、次の主力エンジンってことですね。2.4リッターターボハイブリッドからこの2リッターになると。
    新開発でスポーツで赤い!っていうからてっきり2リッターターボで400馬力目指して次期スープラに載せるのか!と思ったけどそんな事はなかった。スープラはもう打ち止めで終了しそう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.9650.0万円

中古車を検索
セリカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.9650.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村