サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPスズキ戴冠後にアルピーヌF1へ移籍……「断っていれば後悔しただろう」とダビデ・ブリビオ

ここから本文です

 2021年のF1ではルノーがチーム名を“アルピーヌ”へと変更。上層部も大幅に変更されることになった。新たにレーシングディレクターへ就任したダビデ・ブリビオは、これまで2輪の世界で手腕を振るってきた人物だが、このチャンスを逃せば後悔していただろうと胸中を語った。

 ブリビオはロードレース世界選手権の世界で長年活躍してきた。2013年からはスズキのチームマネージャーとなり、2020年シーズンはスズキにとって20年ぶりとなる最高峰クラスのタイトルをジョアン・ミルが獲得するまでに至った。

■今こそアルピーヌが、F1で戦う時……新車A521発表に際し、チームがコメント

 彼はスズキを去る決定は難しいものだったと話していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ