サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ピンスト」「ゴースト」「エイジング」! 昭和のクルマ好きには即答できないカスタム用語8選

ここから本文です

業界用語で入り込む華麗なボディカスタムの世界

 クルマをカスタムする世界では、ユーザーとプロショップの間や愛好者のミーティングなどで、普通に専門用語や略語などが飛び交う。知らない人にはまったくチンプンカンプンの言葉や、まるで外国語を聞いているかのようなワードばかりだ。

「ロールス顔のアルファード」「86顔のカムリ」! 衝撃の「顔面変更」を遂げたカスタムカー4台

 それには理由がある。主にカスタムペイントなどでは海外から入ってきた技法も多く、カスタムのジャンルにもよるが英語のように聞こえるが実に摩訶不思議な用語が使われる場合が多々あるからだ。特にこれからカスタムをやってみたいという初心者などには敷居が高いかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ