サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、新パートナー獲得でF1参戦継続は確実か「撤退の噂は”ナンセンス”」

ここから本文です

 メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ウルフは、親会社であるダイムラーの方針は長期的にF1に留まることであると明かし、2020年限りでメルセデスがF1から撤退するのではないかという噂を一蹴した。

 2021年にレギュレーション変更を控えているF1。しかし各チーム、FIA、FOM(F1マネジメント)は、F1の運営や商業的な権利について定める、新たなコンコルド協定をまだ締結できていない。

■メルセデスF1、2020年マシンのカラーリングを先行公開。INEOSの”赤”がワンポイントに

 こうした背景もあって、6年連続でダブルタイトル獲得を果たしたメルセデスが、2020年限りでF1から撤退してしまうのではないかという噂が一人歩きしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ