サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、アルガルベ・サーキットでのレースに初挑戦「連続入賞を狙いたい」

ここから本文です

アロンソ、アルガルベ・サーキットでのレースに初挑戦「連続入賞を狙いたい」

アロンソ、アルガルベ・サーキットでのレースに初挑戦「連続入賞を狙いたい」

 アルピーヌF1チームのエステバン・オコンとフェルナンド・アロンソは、第2戦エミリア・ロマーニャGPでそれぞれ9位と10位を獲得した。チームはダブル入賞の勢いを、今週末ポルティマオで開催されるポルトガルGPに持ち込みたいと考えている。

「前回、シーズン初ポイントを獲得できたので、もちろんうれしかった」とアロンソ。
「それにマシンに投入したアップグレードはポジティブで、うまく機能した。マシンの全体的な感触が前より良くなったと感じたよ。さらに改善するポテンシャルがあると思う。ファクトリーは懸命に作業をしているので、それが報われるのを見るのはうれしいことだ。この前向きな勢いをポルトガルに持ち込み、さらに進歩を見せられることを期待している」

F1テスト短縮の影響で苦戦する移籍組「今の僕は本来のレベルに達していない」とアロンソ

 イモラでのレースは非常に厳しいものだったと、アロンソは振り返った。

「まるで1度に3つのレースをやっているようだった。ウエットコンディション、ドライコンディション、赤旗も出た」とアロンソは語った。

「プレシーズンテストでの走行量がかなり限られていて、バーレーンでは決勝で32周しか走ることができなかったから、イモラの週末では多くを学んだよ。F1レースはこれから頻繁に行われていく。週末ごとに学び、マシンにいっそう適応していけるだろう。チームやマシンが新しくなったときにはある程度適応するための期間が必要だ。100パーセント復活するため、今懸命に取り組んでいるところだよ」

 全長4.53kmのコースに15カ所のコーナーを備えるポルティマオ・サーキットでアロンソがレースをするのは、これが初めてのことになる。

「今週末のポルティマオは、バーレーンやイモラとは完全に異なる挑戦になるだろう」とアロンソ。

「走るのが楽しいサーキットだ。高低差が大きいこともあって、今のF1マシンで走るとエキサイティングだろうね。ここではテストでしか走ったことがなくて、そのときはひどいウエットコンディションだった。徐々に学んでいくことになるが、僕は新しい挑戦が大好きだ。今週末、さらにポイントを加算したいと思っている」

 オコンも、ポルティマオは走るのが非常に楽しいサーキットだとして、週末を楽しみにしている。

「流れがとても良いし、とても楽しく走れるコーナーの組み合わせがいくつかある」とオコンは語った。

「昨年初めてグランプリが開催された時、このコースをジェットコースターに例えた人が何人かいた。高低差が変化し、高速コーナーがあるからだ。ポルトガルがカレンダーに追加されると発表された時は本当にうれしかったよ。アルガルベの会場は素晴らしい。気温は低くはないはずだし、楽しみだ」

「(イモラでは)今シーズンの初ポイントを獲得できてよかった。アルピーヌとしての初ポイントだ」とオコンは付け加えた。

「レース自体はコンディションの変化があったことで一筋縄ではいかなかった。レース前にもレース中にも、難しい判断を下さなければならなかった。僕たちは多くを学んだと思う。そうして得たすべての知識を今後のレースに生かせるはずだ」

「マシンの感触は良かったし、持ち込んだアップグレードは効果があった。これからはプッシュしてさらに進歩していくことが重要だ。中団がかなり拮抗していることは間違いないけれど、チャンスは訪れるだろうし、それをしっかりつかむ必要がある」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します