サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルが2020年育成枠発表。“14歳”アメリカ人ドライバーから角田まで……未来のF1王者はこの中に?

ここから本文です

 F1に参戦するレッドブルは、日本からも角田裕毅が参加しているジュニア・プログラムの2020年の概要を公表。新たに14歳のアメリカ人ドライバーのジャク・クローフォードと新たに契約したことも明らかになった。

 レッドブルは将来のF1チャンピオン候補を発掘すべく、若手ドライバーの育成を積極的に行なっている。日本の角田もこのプログラムの一員であり、昨年はFIA F3を戦い1勝を挙げランキング9位となった。

■38歳でF1を目指す。ひとりの“おじさん”が夢を叶えた仰天ストーリー

 レッドブルが公表した2020年の育成プログラム概要には、角田を含む7名の若手ドライバーが名を連ねている。

おすすめのニュース

サイトトップへ