サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新型ハリアーはライバル不在?」素直なハンドリング、スポーティな走り。BMW・X3がこだわったポイント

ここから本文です

「新型ハリアーはライバル不在?」素直なハンドリング、スポーティな走り。BMW・X3がこだわったポイント

間もなくBMW・SUVラインアップ完成。X3は中核モデル

 BMWは、間もなくフラッグシップのX7をベースとしたクーペモデルのX8がデビューする予定だ。これで、X1を起点にしたSUVラインアップが完成する。
 BMWのSUVは、比較的オーソドックスな「SAV(スポーツアクティビティビークル)」と、個性的な「SAC(スポーツアクティビティクーペ)」の2本立てで構成されている。

「最新モデル試乗」BMW8シリーズの本命、グランクーペは富裕層のファーストカーに相応しいか,乗ってみた!

 X3(そしてX4)は屋台骨を支える中堅どころ。SAVに分類されるX3の全長×全幅×全高は4720×1890×1675mm。新型ハリアー比で全長はわずかに短く、全幅は少し広い。このボディサイズは「日本で抵抗なく扱える、上限」と表現できる。

多彩なラインアップ。素直なハンドリングは感動レベル

 パワートレーンは多彩。8速ステップATと組み合わせて、2リッターターボ付きの4気筒ガソリンとディーゼル、もしくは前者をベースにしたプラグインハイブリッドシステム。スペシャルバージョンとして、超高出力の3リッターツインターボ付き直列6気筒ガソリンと、ビッグトルクの3リッター直列6気筒ディーゼルターボを設定している点はBMWらしい。

 どのグレードをドライブしても走りはスポーティ。素直なハンドリング感覚が心地いい。FRレイアウトをベースにしたBMWならではの魅力だ。
  X3は生粋のドライバーズカーである。質感の高い各部の作りや充実した装備に触れると、「さすがはプレミアムブランド」と納得する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します