サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 夏の行楽シーズンに立ちはだかる“首都高オリパラ1000円増し”から都心ドライバーは脱出できるか?

ここから本文です
対象は個人の乗用車で、働くクルマは割増しされない

東京オリンピック・パラリンピック2020に合わせて、都内への交通流入を制限するロードプライシング(料金施策)が話題です。オリンピック大会期間の2021年7月19日~8月9日と、パラリンピック大会期間の8月24日~9月5日の、昼間(6時~22時)の通行料に1000円が上乗せされています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン